back to TOP

admin |  RSS
私のPCには長年 Apple の Mighty Mouse というのがぶら下がっています。その形から「大福餅」とかなんとかあだ名されたものなのですが、相変わらず尻尾があるしレーザーでもないし今となってはなかなか時代遅れなマウスです。所謂ホイールと同じ役目をするスクロールボールというヤツが付いているのですが、私はその小さなアクションでサラサラと良く動く操作性が大変気に入っているので愛用しています。しかしスクロールボールは中に小さなゴミが溜まりやすくて、2~3ヶ月でマトモに動かなくなってしまうのが大きな欠点。そうなってしまうと不愉快極まりなし。日頃が快適なだけに極めて強いストレス発生装置になってしまいます。

ここ半年位何故か調子が良くてやけに長持ちするなと思っていた矢先、遂に埃が引っ掛かってしまいました。
途端にいらいらいらいらいら・・・・・

こんなときはコピー用紙の上で逆さにしてボールをぐりぐり押付けて掃除しろとか、両面テープでボールをペタペタしろとか、様々な民間療法かあるようですが、それでゴミが取れてくれるほど生易しくはありません。もう分解掃除するしかないんです。直ちに作業に着手!!

分解するといってもこの製品は袴状のリングが接着されてしまっているので最初は大変。非破壊は困難というかまず無理なので、美しい外観と最小限の機能を残しながら壊してしまいます。組み立ての際はゴム系接着剤で軽く止め、以降何度でも分解組立を繰り返すことが出来るように備えています。その他は嵌合かビス止めになっているので問題なし。小部品が集まったボール部分の機構を分解して中に詰まったきっちゃない手垢などの埃を丹念に掃除して元の通りに組み立てれば作業はおしまい。

しかし、折角の休日をこんなんで潰していいのかな・・・

Apple Mouse_a_150719
これが長年愛用の Apple Mighty Mouse。大福餅です!!

Apple Mouse_b_150719
パカパカと分解したところ。最初は右の長円形のリング(袴?)をキレイに外すのが大変。左の筐体の中央、上方にある黒い四角いものがスクロールボールの機構部

Apple Mouse_c_150719
スクロールボールの機構部を外したところ。埃がこびりついてますね

Apple Mouse_d_150719
更に分解。「衝撃画像注意!!」って程じゃないかとは思いますが、でも充分悪趣味に埃が詰まってます。ローラー部分が酷くこれでは回る訳がない

Apple Mouse_e_150719
全てをキレイキレイしたところ。あとは元通り組み直して、再び束の間の快楽!! 5枚共 2015.7.19撮影
スポンサーサイト
Template by :FRAZ