back to TOP

admin |  RSS
弊ブログ記事「京急2100形 2117~編成に前面遮光カーテン」に関する補足です。

その後多くの方々が確認しておられますように、2117~編成のほか2141~編成にも取付けられています。私は先に2117~編成の方に行き当たりましたが、実際の取付けは2141~編成の方が早く10月10日頃、2117~編成は16日頃ではないかと思われます。それぞれの編成で使われている製品が同一の物かどうかは分かりませんが、両編成では取付方が異なっています。以下に比較画像を用意しましたのでご覧ください。この遮光カーテンですが今のところ他編成には波及しないようで、やはり試験的なもののようです。

2117_Curtain.jpg
2117~編成の遮光カーテンの様子。前面ガラスに沿うように斜めに取付けられている。カーテンレールはどちらの編成も垂直になっている

2141_Curtain.jpg
2141~編成の遮光カーテンは枕木と平行に取付けられている。非常扉側はガラスとかなり離れるためステーも大きなものになっており、レール先端部はスポンジで保護されている 2枚共 2014.11.30撮影

スポンサーサイト
掲出期間は11月30日まで。平・休問わず85運行で日中のみでの掲出でした。期間中お天気はぐずつき気味で、自分までそれを口実にぐずっていたらあっという間に最終日。遅蒔きながらの掲載です。今日は気分が何だかピリッとしなくて、カメラのレンズキャップをポロリしてバラスにしてしまいましたよ。

KQ_JAZZ_HM.jpg
セレモニーの時よりはマトモに撮れたでしょうか。ヘッドマークです 京急川崎にて

1501_1385.jpg
月並みですけど和合橋辺り。この辺りはいつの間にか猫が増えたような・・・。轢かれないように気をつけておくれ 京急川崎~港町にて

1504_1484.jpg
もっと月並みなホーム撮り。この編成、ちょっと見ないうちに屋根肩が随分ヤレたような気がします 港町にて 3枚共 2014.11.30撮影

北風の吹き付ける冬の雨。下り試運転列車の発車時刻に合わせて文庫タッチ&ゴーを敢行し早々に退散。

1105~編成の全般検査に伴う試運転が11月26日に実施されました。
吉例チェックのWi-Fi APは○、SRアンテナ台は×です。

1105_KC1404.jpg
発車を待つ試運転列車

1112_KC1404.jpg
京急のSUS車は検査明けでも車体やシールには手が入らず綺麗になるのはお顔と台車とパンタ位のもの。
撮り甲斐はありませんがそれだけメンテは楽になっているということですね 2枚共 金沢文庫にて 2014.11.26撮影

京急600形の6551~編成には2014年3月に出場した車体更新の際に、6553号の屋上に新採用の架線検測装置が搭載されていましたが、11月24日から25日始発前にかけての夜間の部と、25日日中の昼間の部に分けて泉岳寺~品川間を除く全線で架線検測試験が行われました。行路は、夜間が、金沢文庫→品川→京急川崎→品川→京急川崎→小島新田→京急川崎→羽田空港国内(タ)→新逗子→金沢文庫、昼間が金沢文庫→三崎口→金沢文庫→浦賀→金沢文庫→浦賀→金沢文庫でした。

搭載されている架線検測装置は明電舎製のようです。明電舎サイトの製品情報内に架線計測という項目があり、解説やパンフレットのpdfがありますので、興味をお持ちの方はご参考にされるとよいかと思います。

画像が多くなりますが、追っかけ回しましたのでご覧ください。特に25日は生憎の雨模様でかなり暗い環境での撮影になりました。画質がいまいちで申し訳ありません。自分のカメラではこれが限界です。←腕の悪さをカメラのせいにするとはぞっとしない!?

6554_kai2398.jpg
品川に到着した架線検測装置試験列車

6553_unit_up.jpg
以下6枚は6553号を写す。浦賀方パンタグラフ脇に据え付けられた検測装置。左側の3本のスリットがある方が検測装置で巨大なスキャナーのようなイメージ。中央のスリットの光源は両側より色温度が低いように見える。右側がパンタグラフをモニタするカメラとLEDの投光器。光が大変に強くて露出を絞らざるを得ず画像が暗くなりました

6553_lighting.jpg
ホーム上屋を照らす光の様子。画像上の方の横線2本は検測装置、下の光はパンタグラフ用の投光器のものと思われる

6553_PT1.jpg
浦賀よりパンタグラフの様子。装置に近い方の舟には平面の板が添えられている

6553_cable.jpg
車内浦賀方妻面、貫通扉上の櫛にはNFBと中継箱があり測定機器に延びる数本の太いケーブルが接続される

6553_PTmoni.jpg
車内第1扉付近に置かれたモニターの画面。こちらは「パンタグラフモニタ」下段には「路線モニタ」とやらが表示されそうだがこの時点ではごみ箱のみ

6553_trolleymoni.jpg
こちらには「電車線検測装置」とある

6551_kai2399.jpg
京急川崎での折返し ここまで 2014.11.24撮影


カメラの設定が上手くいかず暗くてピンボケな映像になってしまいましたが動画をアップしました

6551_kai1398.jpg
そして昼間の部。逸見を通過する測定装置試験列車。前面、非常扉窓にはモニターカメラとおぼしきものが設置されている これより3枚 2014.11.25撮影

6554_kai1398.jpg
トンネルの内壁に光を投げかけながら走り去る

6554_kai1399.jpg
浦賀で折返し戻ってきた測定装置試験列車。近頃珍しい逸見待避

12_unittest.jpg
≪参考≫かつてデト11-12を使用してこんなテストが行われたこともあった 金沢文庫にて 2012.6.24撮影
Readmore »
11月21日に行われた月検査のため、表題編成が所属する車両管理区と実施場所である金沢検車区の間を行き来する回送が運転されました。20日に運転されたと思われる往路の回送は、自分が悪天候にめげたため確認していませんが、復路は11月21日の夜に運転されました。月検査は3ヶ月毎なので次は2月になりますね。

16_kai2108.jpg
出発を待つデト15・16 金沢文庫にて 2014.11.21撮影
この種のイベントって、撮影するとどうしても人の顔が写ってしまうのでブログにしにくいのですが、まあ兎に角そういうイベントが京急川崎駅大師線ホームで開催されました。モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン・イン・かわさきに纏わる催しのひとつなのだそうです。はっきり言ってジャズは苦手でモントルーといったところでディープ・パープルしか思い浮かばなかったりする自分、しかも下戸なのでスイスワインすら飲めないし、ピザは昼に食ったばかりという三重苦のなか、ジャズ、セレモニー、そして本業のテツを楽しんで参りました。

楽しい宴はあっという間に跳ねてしまいましたが、自分のお祭りはもう少し続く。次の記事へ・・・

KQ_JAZZ_1.jpg
ホームに設えられたオープニングセレモニー用のステージと1500形。ステージはこの後あっという間に片付けられてしまいました

KQ_JAZZ_2.jpg
公開された車内はどうしたところで人様が写ってしまうので訳のわからん画像を選んでおります

KQ_JAZZ_3m.jpg
通勤電車の中、吊り革の藤棚の下で繰り広げられるシュールなコンサート

KQ_JAZZ_4.jpg
ヘッドマークが掲げられイベント会場となった1500形1525~編成。これはまた微妙な編成が選ばれたものです

KQ_JAZZ_5.jpg
暗かったものでブレてしまいましたがヘッドマークです。明日以降日中に撮れるので再挑戦ですね いずれも 2014.11.21撮影
Readmore »
用事から解放されたのがお昼過ぎ。急いで羽田空港に駆け付けたものの、出発が早まった??A350XWBは呆気なく取り逃がしてしまいました。昨日は悪天候に心が折れてパスしてしまった罰が当たったのでしょう。ヤケクソで国際線ターミナル内のイルミネーションを撮影し、更に美味いピザを頬張り自分自身のご機嫌取り。そして、やってきたのが何やら得体の知れない真っ白な飛行機。一目で分かるB737なのですが、見慣れないエンジンが着いた機体の後ろには「N737ER」なんて文字が・・・。こちらはこちらでボーイングのデモ機のようです。こいつ誰にも注目されとらん・・・

更にイベントは続きますがそれは別の記事で・・・

haneda_Illumi_1.jpg
いつも美しい羽田空港国際線ターミナルのイルミネーション

hanada_Illumi_2.jpg
周期的に色が変わるようです

N737ER.jpg
今日一番の収穫?? 真っ白な機体のB737 国際線ターミナル展望デッキより 3枚共 2014.11.21撮影
Yahoo!ニュース等にもありましたがエアバスのA350XWBが日本に初飛来しました。運よく到着時刻などの情報を知らせてくれた友人が居りましたので急ぎ羽田空港へ行ってきました。大勢の見物人が詰めかけた国際線ターミナルの展望デッキですが、幸い人垣の隙間から写真に収めることが出来ました。明日はデモフライトがあるようですが、自分はまた行くことになるのでしょうか・・・・病人の癖に。

A350_haneda_1.jpg
タイヤスモークをあげ日本の地を踏みしめた瞬間

A350_haneda_2.jpg
ようこそ東京へ

A350_haneda_25.jpg
第一ターミナル前をタキシング。反対側は違うレタリング。以下デジタルテレプラを使っているので画質が劣ります

A350_haneda_3.jpg
そのまま日本でのカスタマーとなるJALの格納庫へまっしぐら いずれも羽田空港国際線ターミナル展望デッキより 2014.11.19撮影
Readmore »
ラッピング車は自分の苦手の範疇で、いつもどうやって撮ったら良いのか分からなくなって失敗続きなのですが、訳あって精一杯撮った下手糞写真を公開します。

訳というのは、自分とは違ってラッピング大好きな友人が手術で入院してしまっていて、PORTA号ラッピングをまだ見ることが出来ないから。早く良くなって掲出期間中にご本人の眼で現物を見ることが出来ますように・・・・・ひとつ目の「がんばれ!!」。

そして“犬世界”の方は、その中でも謂れのない不幸に見舞われてしまった航空会社にふたつ目の「がんばれ!!」。
かつては愛しのブエノス・アイレスまでこの会社一本で行くことが出来ました。北米回りばかりでは面白くないと、一度予約を試み購入寸前までいきましたが、発売されていた格安チケットの滞在期間が1日だけ足らずにコンチネンタルに寝返ってしまい、以降搭乗の機会が巡ってきませんでした。応援の意味も込めて「エンリッチ」の会員になりましたが、サイトの中身を良く読めば会員になるとプラスチックカードが届いてしまう??? 却って迷惑だったかな・・・・。

2157_PORTA_1202A.jpg
11月17日より掲出が始まった2100形2157~編成による「ポルタ号」。悲惨な影でどうにもこうにも酷い画像 戸部にて

2164_PORTA#2
8号車の山側第2扉付近の様子。ポイントカードとな 堀ノ内にて

2164_PORTA#1
こちらは8号車山側第1扉付近。ラッピングの絵柄は他にもあるようです 堀ノ内にて

6068_1325SH.jpg
こちらは「One World」の6061~編成。よくよく見るとこの画像は惜しいことになってますね。実は並びを狙っていました 逸見にて 2014.11.7撮影

6062_MH.jpg
がんばれ!! マレーシア航空を応援します!!  三崎口にて 日付記載なきものは2014.11.18撮影

Enrith.jpg
マレーシア航空のマイレージプログラム「Enrich」メンバーズカードを受領。綺麗なブルーです。
Readmore »
先日メモメモした1500形1569~編成(旧1613~編成)は、M車改番のうえ先日のメモメモの通り11月12日に試運転が行われ13日に重要部検査から出場しました。連結器緩衝器は乗車したところ衝動、作用音ともに激減しており交換されたことは明白です。その他いつもの眼の付け所は前述のとおり、Wi-Fi AP○、SR台×でした。

1572_1326.jpg
重要部検査から出場した1569~編成。めっきり寒くなり14時台だというのにまるで夕方のような陽射しです 堀ノ内にて 2014.11.18撮影

1570_WiFiAP.jpg
Wi-Fi APが取付けられ車内の車号ステッカーの番号も改められた 2014.11.18撮影

1569_numbers.jpg
「5」だけが黒い訳ではありません。新調された「5」の反射の具合が使い回しの他の番号とは全く違って見える 2014.11.18撮影


Template by :FRAZ