back to TOP

admin |  RSS
ゴールデンウイークの始まり、29日は好天に誘われ、リハビリを兼ねてテツな博物館を2館ほど見て参りました。いずれも開館当初に行ったきりでずっとご無沙汰していましたが、当時と変わらず来場者で賑わい展示品も元気なようで嬉しい限りです。病み上がりということもあるのでしょうか、足も棒になって流石に疲れましたが真に良い一日でした。
カメラは持参したものの、相変わらず散漫な神経で撮影したので、どこに眼をつけているのか分からない画像ばかりですがご高覧くださいませ。

Tobu5700_150429.jpg
昼食前は先ず東武鉄道東向島駅の東武博物館へ。復元されたキャットマンなお顔。KISSのドラマーではありません!! この保存車は始めて見ました

Tobu1_koinobori_150429.jpg
なかなかの賑わいで来館者も大勢でどうしても写ってしまうので変なトリミングになりました。いかにもGWらしい鯉のぼりとデハ1形保存車

Tobu5_Interior_light_150429.jpg
購入以来ストロボを光らせたことがない我がカメラ。スローシンクロのやり方が分からず不気味な画像になってしまいましたが、切子の模様が誠にうっつくしいデハ1形の室内灯

Nikko203_caution_150429.jpg
日光軌道200形の車内扉上に表示された注意書き。仮名遣いもさることながら英語表記に国際的観光地を走った車両の生い立ちが偲ばれます

metro301_1001_150429.jpg
何となく入った東向島のおいしいイタリアンで空腹を満たした後は東京メトロ東西線は葛西駅の地下鉄博物館へ移動。今も変わらず美しい保存車両。落書きのない Mitsubishi を久しぶりに見たような気がする

metro1001_number.jpg
アウトラインが描かれた1001号の車号

metro797_150429.jpg
車両の検修を解説するコーナーの巨大な写真パネル。写っている797号はブエノス・アイレスで健在のはず

subte_150429.jpg
「世界の地下鉄」検索モニターの画面。自分としてはどうしてもこの都市を真っ先に検索してしまいます。幾つかツッコミ所があるような気がしますが・・・まあいいか(笑)

スポンサーサイト
本工事は全般或は重要部検査の折に行われるので動きが遅く、昨年10月に項目を起こしてからずっと更新をサボっていましたが、その間に3本ほど増えたので追加しておきます。赤字が前回から増えた分です。対象となっているであろう1500形の主回路換装車は15編成ありますが、そのうちの9編成が完了しているものと思います。

1537~ 2013/9/9(V改・重検と並行)
1585~ 2013/9/30(全検と並行)
1561~ 2013/12/17(重検と並行)
1593~ 2014/5/12(全検と並行)
1589~ 2014/6/16(全検と並行)
1565~ 2014/7/31(重検と並行)
1545~ 2014/10/15(全検と並行)
1569~ 2014/11/13(重検と並行)
1541~ 2015/2/13(V改・重検と並行)


ところで、前回はビフォーアフターの乗心地について比較しましたが、今回は交換前後の外観を見較べてみました。最初の画像の白い破線で囲った部分がポイントとなる連結器緩衝器伴板を受ける伴板守が設けられた中梁部分です。その下を閉じて緩衝器が落ちないように支える支持板に注目。未改造の車両の場合は片側3本のボルトナットで締め付けられた枕木方向の厚板が一枚だけのように見えます。一方、緩衝器が交換されたものはボルト部分に厚めのスペーサーを介したうえ、山形なのかヘの字型なのか形状は定かではありませんが前後2枚の支持板が取付けられています。1500形全数を確認した訳ではありません(肝心なことを後に書くな!!)が、改造前後の各々3編成ずつをチェックした結果同じ違いが認められますので一応の目安になるとみて良いのではないでしょうか。

1542_1937_coupler_150428.jpg
1541~編成、1542号と1937号の連結部海側。白破線の囲み部分が着眼点 神奈川新町にて

1619_coupler_buffer_150428.jpg
緩衝器未交換の1619編成、1619号品川寄山側で画像の左側に棒連が続く。手前のヒューズ箱が視野を遮るが支持板部分の特徴は見て取れる。連結器付け根の緩衝器は中梁の中に収まり枕木方向に固定された厚板1枚で支えられているように見える 京急鶴見にて

1937_coupler_buffer_150428.jpg
緩衝器が交換された1541~編成、1937号浦賀寄海側でやはり左側が棒連になる。前後2枚の複雑な形状の支持板によりボルト部分から離れた点で緩衝器が支えられているように見える 神奈川新町にて 3枚共 2015.4.28撮影

一旦諦めかけた千葉ニュータウン鉄道9018編成の「ほくそう春まつり」ヘッドマークでしたが、ちょっとムキになって午前中の予定に大穴を空け、21Nからずっと釣り糸を垂らし次々とやってくる外道をひたすらリリース、諦めかけた最後の35Nで遂に釣り上げました。次の約束に遅刻しましたが、満面の笑みでお詫びを入れたことは言うまでもありません。

9018_934N_150426.jpg
「ほくそう春まつり」ヘッドマーク付きの千葉ニュータウン鉄道9018編成。土壇場でやっと撮影出来ました

hokuso9018_HM_150426.jpg
9018編成のヘッドマーク

7318_1029N_150426.jpg
後追いながら昨日撮り逃した北総7318編成のマークが付いたお顔もゲット 3枚共 品川にて 2015.4.26撮影
26日はほくそう春まつりですね。

4月10日の記事の後、気をつけてはいるものの他のヘッドマーク付き編成になかなか行き当たらず、やっと今夜までに撮れたのが3種類。一番ポイントが高そうな編成が撮れずに残ってしまいました。ブログ主のような人間でも用事がないわけではないし、掲出期間も残り少なくなりチャンスは巡ってこないかも知れません。

9201_1835N_150418.jpg
千葉ニュータウン鉄道の9201編成 羽田空港国内線(タ)にて 2015.4.18撮影

Hokuso9201_HM_150423.jpg
千葉ニュータウン鉄道の9201編成のヘッドマーク。同じ京成3000タイプでも7502編成のヘッドマークとは電車のイラストが違うのですね 2015.4.23撮影


Hokuso7311_HM_150425.jpg
遭遇した時間も場所も悪くてヘッドマークの撮影が精一杯でした。7318編成のヘッドーマーク 2015.4.25撮影
先日アップした「京急600形 6531~編成にSR式無線アンテナ搭載」は、非営業の状態でしたので外観の範囲に限ったレポートにしましたが、昨日23日に乗務員室内の様子を確認しましたので続報をお届けします。

結論から言ってSR式列車無線装置本体も搭載されていました。コールサインと製造番号は、6531号が「けいきゅうれつむ29」で84020029、6534号が「けいきゅうれつむ30」で84020030でした。先日単独工事で取付けられた1319~編成の続きになっています。無線装置周辺は1000形SUS車と同様な見付け、運転席隅柱部分は元の機器配置の違いを受けたアレンジがなされています。

6531_rig_150423.jpg
600形は先客がいらっしゃるとなかなか理想的なアングルで写真撮影ができませんね。仕切りガラスの写り込みが激しくて済みません。1000形と同じような配置で取付けられた6531号の無線装置とその電源装置。天井から吊り下げられ物理的に無線装置と干渉すると思われた列車無線バックアップ電源(正しい名称にあらず)は、撤去されたのか移設されたのかわからないがとにかくここからは姿を消し、跡に無線用のスピーカーが設けられている 2015.4.23撮影

6058_cab.jpg
【再掲】以前撮影した6058号の同じ位置の画像。上の画像と比較してみてください。天井から突出しているのが列車無線バックアップ電源。これ邪魔ですよね 2014.12.5撮影

6531_cab_150423.jpg
6531号運転席左手の隅柱部分。1000形と同じ並びで無線操作器が配置され車号銘板は上方に移設された 2015.4.23撮影

6531_number_150423.jpg
機器パネル部分に1000形SUS車のようなスペースがないことからアングル状の取付座を追加して掲出された車号銘板 2015.4.23撮影

6531_radiosw_150423.jpg
1000形SUS車と同じ並びで設けられたSR車上操作器。IRの列車無線操作器は1000形とは異なり取付座がなく壁面に直接取り付けられている 2015.4.23撮影

6534_radiosw_141218.jpg
【参考】SR式列車無線取付前の同じ編成、6534号の列車無線操作器。音量切換と運行番号送信ボタンがない旧型のままだった 2014.12.18撮影
今日の試運転はスッキリ晴れました。なのに撮影ポイントは曇りの時の方が良かったりして。

4月23日、1000形1413~編成の重要部検査に伴う試運転が行われました。SR式列車無線関連、Wi-Fi AP共に未着手でした。

1416_KC1305_150423.jpg
1413~編成の上り試運転列車 県立大学~堀ノ内にて

1413_KC1404_150423.jpg
同じく下りの試運転 横須賀中央~県立大学 2枚共 2015.4.23撮影
ここ暫く姿を見せなかった600形の6531~編成にSR式列車無線アンテナが取付けられていました。600形では始めてになりますね。この編成はアンテナ台も未施工でしたので同時に行われたことになります。遠目に覗く限りでは無線装置本体も装備しているように見えるのですが確かではありません。確認出来ましたら次報を起こします。

6534_bunko01_150419.jpg
1000形以外では初めてSR式列車無線アンテナが取付られた6531~編成

6531_bunko02_150419.jpg
6531号のアンテナの様子。前面窓越しに室内の簡易アンテナも見える

6534_bunko03_150419.jpg
6534号のアンテナの様子。アンテナ台の設置も同時に施工され周辺部屋根の表面処理が新しくなっている 3枚共 金沢文庫にて 2015.4.19撮影
いつ始まったのか分からないのですが、1500形の一部に搭載されている東芝製の集中冷房機のキセのうち室外熱交換器部分の側板が新しいものに交換されています。造られてからそれなりに経ちますので痛みが出てきても不思議ではありませんし、交換されること自体はとりたてて騒ぐこともないのですが、このことが私的にはちょっと困ったことになっています。

あの~ぉ、ちっちゃな板なんですけど、ひょっとしてお忘れになっちゃったりなんかしていらっしゃいませんか???

1723_RPU11016_150417.jpg
キセの前後の熱交換器部分の側板が新しくなっている1500形の東芝製集中冷房機。画像は1723号の山側。品川寄の側部分には管理番号が刻印された小さな板がリベット止めされて・・・・・・・・・・ないんですけど・・・・・・・ 2015.4.17撮影
週末にしてやっと今週最初のネタらしいネタです。

4月17日、1500形1731~編成の全般検査に伴う試運転が行われました。Wi-Fi APが取付けられており、これで全形式8両固定編成への施工が完了しました。一方、アンテナ台などSR無線に関係する工事は何も行われていない様子でした。

1736_KC1305_150417.jpg
逸見駅を通過する1731~編成の試運転列車

1731_KC1404_150417.jpg
桜も散ってしまいましたがたまにはお立ち台で。新大津に差し掛かる試運転列車 2枚共 2015.4.17撮影
今週は京急のネタらしいネタがない? いや、あるのにブログ主は素材を用意できていない?? そんなわけで静かにしていますが、今日はちょっと時間を取って南の果てまで行ってきましたので、ありふれてはいますが色物画像など。こういう事が出来るのは外でもない、京急のサイトがリニューアルされ「特別塗装列車運行予定」という情報が公開されるようになったおかげです。皆様既にご存知のこととは思いますが、以前からあったブルースカイの2100形の運用に加え、同じく600形や黄色いヤツまで大変分かり易くなって使い勝手は鬼アップ。有難や有難や。

1064_2140_150319.jpg
こちらは先月。青と黄色が続行しているのを確認して黄色に飛び乗り三崎口で撮影 2015.3.19撮影

2133_1057_150415.jpg
こちらは今日。WEBでチェックの上三崎口で待ち構えて撮ってきました。だからって何の比較になる訳でもないのですが(笑) この駅ってどちらで撮ったらよりよいのでしょうね? 2015.4.15撮影
Template by :FRAZ