back to TOP

admin |  RSS
もうご存知でない方はいらっしゃらない?? とっくに知れたお話かと思います。ちょっと気になることがあって記事に出来ずにいましたが、ブログ主の知識と頭脳では結局のところ埒が明かないので、見たままをアップすることにしました。

別記事「京急デト17-18の試運転」のコメント欄に、京急2100型2141編成 様より情報を頂いていますが、京急1500形1517~編成の運転台にあるATS表示灯が両エンド共に新しいタイプになっています。同編成は、6月11日夜、8月6日夜、8月7日昼間の3回に渡り関連すると思われる試運転が行われていますが、最初の6月11日の試運転を前に交換されました。

表示部が従来の3色ドットマトリックスLEDからLCDに変わり、表示される文字色は乗入規定(?)の都合もあるかと思いますが種別表示を除き従来通りです。「減光」と表示された調光装置がトグルスイッチから、回転ツマミによる連続調光となっています。機器上部より黒いコードが引き出され、遮光板の背に機能不明の黒いセンサー様の物体が取付けられていますが、これは車外から見ても結構目立ち、正面或は前頭を右に写した走行写真等でも充分確認出来ます。目下の所、試験品なのか本採用のものなのか分かりませんが、今後の展開が楽しみ、というよりこんなの立て続けに交換されたら調べ切れないです(苦笑)

1517_ATS_lcd75_170822.jpg
1517~編成に取付けられている新しいATS表示灯。他の種別は不明ながら普通種別は白文字で表示 (1517号) 2017.8.22撮影

1540_ATS_led_170816.jpg
【参考】従来の3色LEDドットマトリックス表示灯 (1540号) 2017.8.16撮影

1517_ATS_lcd45P_170822.jpg
燈黄色(45P)はこんな感じ (1517号) 2017.8.22撮影

1520_ATS_lcdNC_170816.jpg
そして赤色(NC)表示 (1520号) 2017.8.16撮影

1517_ATS_lcdsensor_170817.jpg
遮光板裏に取付けられた黒いセンサーの様な物体を車外から撮影 (1517号) 2017.8.17撮影

1517_1351_170822.jpg
こんな望遠撮影の走行写真でもセンサー様の物体は存在を確認できる 金沢八景にて 2017.8.22撮影

さて、ここで問題。果たして新しくなったのは表示灯だけなのでしょうか。C-ATSの機器は、取付が始まってから早いもので10年以上経過していますが、1517~編成のATS本体の方はどうなっているのでしょうね。

1520_ATS_R_170822.jpg
自停接触器は古いまま。封印にある日付(17.6.20)は同編成の月検査の日で本件とは無関係の模様 (1520号) 2017.8.22撮影

1520_ATS_B_170824.jpg
車上子も新しくなった形跡はなく・・・ (1520号) 2017.8.24撮影

1517_ATS_170824.jpg
この中は当然見ることが出来ないし・・・・結局歯が立たないブラックボックス (1517号) 2017.8.24撮影
スポンサーサイト
Template by :FRAZ