back to TOP

admin |  RSS
試運転の後、暫く間が空いていた1000形車体更新車の1001~編成が、9月18日の85C→25D運行で営業線に復帰しました。
ブログ主は、前日17日の出鼻を狙ってみたものの、深夜の2402Cとあっては敢え無く討死でした。
矢張り注目度は高い様で、沿線でカメラを構える人、目新しい車内をあちこち撮影する人、モハラジオで床に座り込む人等々、皆様思い思いに記録されていたようです。

1001_1424D_170918.jpg
9月18日より営業復帰した1001~編成。いきなり前面遮光カーテンが降りた姿をキャッチ 生麦にて

変更点等については既に試運転時から情報や画像が出回っていてお腹いっぱい、ご馳走様かとは思いますが、今日もチビチビ小出しにします。

先ず、屋根上2台アンテナになったSR式列車無線ですが、コールサイン等は下表の通りです。

コールサイン製造番号製造年月
1001けいきゅうれつむ153840201532017/2
1008けいきゅうれつむ154840201542017/2


先日もアップした座席ソデ部分は、スタンションポストが湾曲して張り出しが大きくなっていますが、ステンレス地が目立たないのか、通り抜けや着席の際にここにぶつかってしまう人を散見しました。色を変えて目立たせるなど、何か対策が必要なのではと思いました。

1001_entrance_170918.jpg
座席ソデの表裏が分かるよう撮影。ガラスはグラデーションがかかった網点模様で16次車のすりガラスと比較して見通しが向上している。扉部分の床には黄色の滑り止め

中央部の天井板はビートが入ったFRP製で、16次車のグレーに対し光沢がある白色になっています。冷風吹出口は別体となっているようです。板の継ぎ目には縁押が当たり、16次車とは根本的に造りが違っています。尚、室内灯はLEDになっており、コイト電工の「LDL40T・N/25/26-T」という品番のランプが使われています。

1001_ceiling_170918.jpg
天井見付。ビート入りの中央部分と冷風吹出口は白色。ラインデリアのルーバーは銀色アルマイト仕上げ 車内3枚は1001号を写す。4枚とも 2017.9.18撮影

尚、冷房機の管理番号は、何故か読み辛くチェックを終えていません。いずれ三崎口でゆっくりチェックします・・・いつになるか分からないけど・・・。
スポンサーサイト
Template by :FRAZ