back to TOP

admin |  RSS
シーサイドラインは雨が降ってしまうと、駅のガラスに雨滴が付いて撮影出来なくなってしまう事が多いのですが、よりにもよって大雨になり、思い通りとは言い難い残念な撮影結果でした。また撮り直しですね。

12月2日、事故の影響による減便ダイヤから、通常のダイヤに戻り、併せて特別色の第48編成が営業運転に就きました。

ss2481_1_191202.jpg
小止みもつかの間ターゲットが来た時には土砂降りに。営業運転を開始した特別色の第48編成 海の公園柴口にて

ss2485_191202.jpg
肝心の横が良く見えない・・・ 八景島にて

ss2481_2_191202.jpg
今日一番の誤算は並木北のガラスが曇ってフォギーなフィルターになってしまっていたこと。今日のボツ画像が出来上がり

ss2481_3_191202.jpg
雨脚は益々激しくなり、京急の“制動試運転”もあって今日の撮影はこれでおしまい 並木中央にて 4枚共 2019.12.2撮影
スポンサーサイト



下記リリースの通り、シーサイドラインでは12月2日に減便ダイヤから通常ダイヤに復帰することが発表されています。

【記者発表】(横浜シーサイドライン・11月26日10時)「金沢シーサイドラインの通常ダイヤへの回復について」(修正).pdf

これに合わせ待望のニューカラー第48編成が営業を開始します。
第48編成の試運転は全て夜間の終電後に行われた模様で、日中に本線に姿を見せるのは明日12月2日から、まさに満を持してのデビューになります。お天気が心配ですが、晴れ姿を是非カメラに収めたいものです。

SS2485_191201.jpg
京急のKC27運行の撮影を終えて直ぐに向かったものの既に日没近く。明日の初営業を前に車両基地で待機する第48編成(中央) 並木中央にて 2019.12.1撮影
弊ブログでは久し振りなシーサイドラインの話題です。
11月15日、シーサイドライン2000形の第34編成の試運転が行われました。

ss2345_50_191115.jpg
車両基地から出庫してきた第34編成。試運転に向かう 並木中央にて

ss2341_51_191115.jpg
金沢八景へと向かう試運転列車 海の公園柴口にて

ss2345_52_191115.jpg
折り返し並木中央へ 八景島にて

ss2481_191115.jpg
【オマケ】 新造車の第48編成は車庫の中。試運転、そして営業運転が待ち望まれる 4枚共 2019.11.15撮影
外も内もピカピカの新車は、乗っていて気持ちが良いものです。

かねてより試運転が繰り返し行われていたシーサイドライン2000形の新造車、第47編成がこのほど営業運転を開始しました。
車内などの仕様は、これまでの最終編成である第46編成と変わりがないように見受けられました。

ss2471_191007.jpg
営業運転に就いたシーサイドライン2000形新造車の第47編成 海の公園柴口にて

ss2475_1_191007.jpg
並木中央にて

ss2475_2_191007.jpg
八景島にて 3枚共 2019.10.7撮影

ブログ主はふた山程お付き合いした後京急の試運転へ。
9月26日、シーサイドライン2000形新造車の第47編成ですが、13時半頃並木中央を出発する午後の試運転は行われませんでした。午前の分は見に行かれなかったので実施の程は分かりません。

その代わりというか、同じく2000形新造車の第48編成が、ピットから自走して姿を現しました。こちらの方も本線の試運転が近くなってきた雰囲気です。楽しみですね。

ss2481_1_190926.jpg
ピットから姿を現した2000形新造車の第48編成

ss2481_2_190926.jpg
とても良く目立つ明るい感じのラッピング

一方、新杉田駅逆走事故当該の第41編成ですが、ブルーシートに覆われたそれらしき車体が、車両基地の片隅に留置されています。視認出来るのは4両で、残る1両は別のところにあるのかも知れません。今後の処遇が気掛かりです。

ss241X_190926.jpg
網入硝子を通しているので画像不鮮明です。済みません。ブルーシートに覆われ片隅に留置されている第41編成と思しき車体 2枚共 2019.9.26撮影
Template by :FRAZ