back to TOP

admin |  RSS
手術からはや一年。このところ自分の検査もあって思い通りになっていない趣味活動。今日も検査予約がありその前にせめてラッピング位はと動いてみましたが、人身事故の影響もあって2133~編成は予定通りにはやって来ず、運用が変わった同編成を被る寸前でどうにか撮れたのはタイムリミットスレスレ、病院行きのバスに乗り換える鶴見では今度はJRが人身でわさわさ。結構綱渡りなスケジュールになった一日でした。

いつになく?? 力が入った「友好鉄道協定締結1周年記念」ラッピングは破壊力抜群なインパクト砲ですね。

2133_1200A_160223.jpg
1200A次 EMU2100快特車 逸見站 民国105.2.23 なんちゃって

序でに、恐らくモデルとなったであろうディーゼル機関車の画像も併載します。聴き齧りの薄っぺらな薀蓄を垂れるとこの機関車はR100形といい、標準の塗装は莒光号客車等の優等列車に合わせたオレンジ色ベースですが、R101とR123の2両だけは復刻塗装となり、普快車と同じ青色に白帯を纏っています。勿論前頭部はトラ塗りです。残り少なくなった雑客がベースにしている台東辺りで良く運用しているようで、こちらが訪れた時にも平快車に乗る時に何度か遭遇しています。

taitetsu_R123_140209.jpg
臺東站に停車中の平快車。機関車は青色復刻塗装のR123号機。左に見える客車は所謂インド客車 2014.2.9撮影
友人にご指摘を頂いて気づきました。

下の画像は去る1月20日に行われた1421~編成の試運転を撮影したもので、「京急1000形 1421~編成の試運転」でアップした画像とはコマ違いですが該当部分を拡大してあります。見ると運転席のコンソールが2100形更新車のものと同様に出っ張っています。どうやらモニター画面が追加されたものと思われます。

試運転の際に撮影したどのコマにもこの出っ張りは写っているのに、またSR式列車無線装置のコールサインを見た時に運転台を覗きこんでいるのに気がつかず、人に言われなければ見直すことすらない・・・ブログ主の眼は節穴でございます(苦笑)

さて、そんな訳でおいおい再調査してみようと思いますが、もとより私はこのモニター装置の仕様についての知識がきわめて浅く、備わる機能も存じませんので、結果は頓珍漢なことになるかも知れません。その節は何とぞご指導、ご鞭撻をお願い致します。

1424_console_160120.jpg
1月の試運転で撮影した1421~編成1424号。運転台コンソール矢印部分に2100形更新車と同じような出っ張りが・・・ 堀ノ内にて 2016.1.20

1017_1041_160125.jpg
比較のための画像。1017号にも1041号にも、上の画像のようなコンソールの出っ張りはみられない 神奈川新町にて 2016.1.25撮影
Readmore »
いよいよ来週に迫った京急鶴見市場駅が最寄りの「ゆうづる」で行われる「ゆうづる鉄道フェスタ」。本日2月21日は、そこで用いるHOレイアウトの試運転会に行ってきました。長年使って調子を落としていたポイントマシンを交換したため、レイアウトの試運転を行おうということで、持ち主の方よりのお声掛けを頂き参加したものですが、こちらもレイアウト未出走の3両をお試しで持ち込んでみました。購入したまま未整備のT堂のEF57は、先台車のバネが強すぎてデッキが持ち上がりカプラーが斜めになりしかも高くなって他車との連結がままならず、また、同じく買ったままのN社のマニ60は車輪の寸法がおかしくて脱線ばかり。残る1両のN社製のバージョン違いのマニ60は手を入れて脱線はしなくなったものの、まだ車体の制震が充分でなく引張力が働くと車体がふらふら揺れてみっともないという代物。いずれも札付きのワルで、折角レイアウトが快調なのに、これらを走らせると脱線や編成分離を繰り返して見苦しいことこの上なし。40年位前のHOってこんなものだったような気がしますが、懐かしむ心の余裕もなく仕舞いこみました。

全部が本番NGになりましたが、そうするとこちらは持ち込めるニューフェイスが有りません。レイアウトの設営と撤収以外はお役に立てそうにありません。

yuzuru_test_ef5711.jpg
HO車両、我が家のダメダメ御三家。運転障害のデパートは大盛況であえなく出走禁止!! 2016.2.21撮影
長い記事です。テツでもありませんのでご承知おきください。

以前弊ブログで記事にしたSEIKO TYPE II ですが、その記事でも述べたようにこれといった不具合もなく永年使えていました。そのせいか腕時計に関しては購買欲が湧かずに過ごしてきたのですが、残念な事にその一張羅は日常の使用に不安を覚える問題を抱えてしまいました。思い入れのある時計なので何とか動態保存したいと考え、息の根が止まる前に新しいCITIZENの時計を購入したまでは良かったのですが、人間こういうきっかけがあるとタガが外れるというのは良くある話で、急に安物コレクションの火がつき自慢にもならない時計を買い漁るようになりました。

すると、いきなり直面するのは保管場所です。まさか机の上に放置するわけにもいかないでしょうから、Amazon等でウォッチスタンドを物色するものの、お値段が素敵過ぎたり品質が恐ろしかったりで眼鏡に叶うものは見つかりませんでした。結局我儘をいうヤツは自分で何とかしなければならなくなります。

どうしたものかと思案する日が続きました。今年に入り偶々家の用事で立ち寄ったホームセンターの材木コーナーには端切れの投げ売りワゴンがあって、物色してみると頃合いの良さそうな同寸の端切れが数個ありました。どうせ安いから惜しくもないかと早速買い占め、序でにカットまでしてもらいました。これを使って「時計の止まり木」の自作開始です。止まり木といってもそれらしい形にはなりませんでしたが・・・。

tomarigi_01_160114.jpg
ホームセンターの端切れワゴンから拾い上げた木材。カット代を含めても210円也

何の木なのかはよく分かりません。ちょっと柔らかくスカスカで頼り無いのですが時計を掛けるための整形加工を施します。彫ったりペーパーで磨いたり、部屋中木くずが散らかりあちこち粉だらけになりました。

tomarigi_02_160126.jpg
整形を終えた材料とIllustratorでさっさか描いた型紙。板の裏に彫った溝は時計のバックルを引っ掛けてずり下がらないようにするためのもの。とある製品のアイデアを拝借しました

tomarigi_03_160126.jpg
ご飯粒で型紙を貼り付けて下穴の位置決め。この後ボール盤でちゅいーん、ちゅいーん・・・

tomarigi_04_160131.jpg
加工が済んだ材料。背骨にあたる材木の裏には壁に下げるための金具を取り付け。金具は1tの真鍮板から製作

もともと仕事が早い方ではなく、そうそう作業時間が取れる訳でもないのでここまで2週間を要しました。が、端切れは何とか思惑通りの形になりました。続いて組み立てに入りますがこの構造は玄人の方から見たらきっと呆れることでしょう。本来ならダボを使うべきところの様に思いますが、釘、しかも短めの有りもので間に合わせてしまいました。こういうことをすると釘が良く締まらないのですね。強度は専ら木工ボンドに頼るという見掛け倒しになってしまいました。

tomarigi_06_160203.jpg
釘の頭を見せないようにと思ったがこれでは釘が締まらない欠陥構造(笑)

tomarigi_07_160203.jpg
接着剤の力を借りて一応何とか形にしてしまう

組み立てたものを壁にあてがってみると何となく左右に不安定。そこで支えとなる脚を追加することにしました。組み立ててしまってからの追加加工は面倒でしたが、これで安定性は格段に増しました。

tomarigi_08_160203.jpg
下部に追加した脚

組立が済んだ止まり木を生地のままで使うか、或は塗装するかで悩みましたが、生地だといずれ汚れてしまう様に思えたことと、納戸から買ったきり使っていなかったニスを発掘できたので木目を生かしたニス仕上げを試みることにしました。自分もテツですので、ニスとなると先ず思い浮かぶのが旧型の電車や客車の内壁です。自分自身はニス仕上げをした車両の出来たてホヤホヤの様子は残念ながら見たことがありません。しかし、京急400形などの美しく温もりが感じられる木肌はよく覚えている積りで、そういった仕上がりを目指しました。ニスは条件が悪いと乾かずベタベタになるので天気が良い日を選び、薄目のニスを塗ってはペーパーで研磨します。何回繰り返したでしょうか10日余りを要してようやく塗り上がりました。

tomarigi_05_160131.jpg
使ったニスと釘、そして刷毛。ニスと釘は有り物。刷毛はアマゾンでポチしたが今回使ったものの中では一番高い買い物になった

tomarigi_10_160204.jpg
裏には塗装中の脚になる釘を打つ

tomarigi_11_160214.jpg
ニスを塗り終えた止まり木。見える所には出来るだけムラを作らないよう心掛けたことは心掛けた。しかし頑張っても刷毛ムラはできてしまった

さて、次の画像を見て下さい。何か変な事をしてますね。壁の穴に瞬間接着剤を流し込んでます。
止まり木を引っ掛けるために木ネジを使いますが、壁の芯はお馴染みの石膏ボードですのでネジが効きません。そんな時にこの手を使うとアンカーを打つことなくネジが立てられるようになります。勿論強度の保証は有りませんので自己責任の領域ですが、小物の取付には充分役立つTipsだと思います。注意事項として、瞬間接着剤が良く硬化するまで木ネジはねじ込まないでくださいね。急ぐと木ネジも接着されてしまい、後々抜く必要がでた時にネジにくっついたボードが崩れてアリ地獄のような大きな穴になってしまいます。

tomarigi_09_160203.jpg
石膏ボードの壁に明けた穴に瞬間接着剤を流し込んでアンカーの替わりにする

tomarigi_12_160214.jpg
取付を終えた時計の止まり木。これで完成!!

最後に止まり木に止まる有象無象をご覧ください。まだ空き室がありますが、最上段は皮ベルト用に若干細目に作ってあります。右は冠婚葬祭用のロンジン、左の中寄りは父親が使っていたSEIKOの竜頭を修理したものです。一番左はKTXで、文字盤の形が面白くて買ったものなのですが、針の色が悪くて明るい所でないと秒針しか見えません。2段目の右は新たな現役のCITIZEN、左は同じく1990年代のロンジンです。3段目の右は動態保存機、左は親父の保管が悪かったのか、液晶が滲んで使えなくなってしまったSEIKOのクロノグラフです。これを何とか修理したいと思うのですが、なかなか良いジャンクがありません。最下段は1000円台の安物で、光り物が見えるとヤバいと言われる治安が悪い海外の地域で使っているものです。右の懐中時計は中国製ムーブだと思いますが、信じられない高精度でじっとしていれば年差時計並。しかし、笑えるのはポケットに入れておくと竜頭が引かれた状態になり、見る時には止まっているという役立たずなところです。

tomarigi_13_160214.jpg
Readmore »
2月19日、早朝からの停電騒ぎでワヤワヤだったダイヤもお昼過ぎには落ち着いたようで、上記編成の全般検査出場を前にした試運転が行われました。例によってSR式列車無線装置の取付が行われています。

この編成に搭載された全ての冷房機の管理番号は、1489~編成の全車、並び1145~編成のうちの4両と重複があり、同じ番号の冷房機が2台ずつありますが、特に打ち直しなどはされずそのままになっているようです。

1144_KC1305_160219.jpg
朝からのダイヤ乱れの影響を受けずやってきた1137~編成の試運転列車 逸見にて 2016.2.19撮影

尚、総合車両製作所内の“1800”編成は、品川寄先頭車にグレーの貫通ホロを装着していました。論評抜きでお伝え致します。
1500形の前面表示器LED化は順調なのか順調でないのか良く分からない状態で推移し、2月16日の1725~編成の交換で未着手編成は残り10本を切りました。その位ならひょっとしたら1日で幕の全編成を撮れるかも知れないと、用事やネタ編成撮影の合間にチャレンジしてみました。しょーもない企画で恐縮ですが、掲載は撮影順になっています。最後の1本は無茶苦茶苦しい画になりましたが、奥に引っ込んで出て来ないので如何ともし難いです(笑) 

そうそう、九人衆な訳ですから17、18日に交換された編成はないということになりますね。

1731_1258SH_160218.jpg
1731~編成 逸見にて

1713_1463SHX_160218.jpg
1713~編成 三崎口にて

1501_1880_160218.jpg
1501~編成 京急川崎にて

1509_1886_160218.jpg
1509~編成 京急川崎にて

1505_1882_160218.jpg
1505~編成 京急川崎にて

1517_1888_160218.jpg
1517~編成 京急川崎にて

1513_1884_160218.jpg
1513~編成 京急川崎にて

1528_kai1863_160218.jpg
1525~編成 神奈川新町にて

1524_yokukai683_160218.jpg
1521~編成 新町検車区にて 9枚共 2016.2.18撮影
1500形の表示器チェックの序でに撮った画像。

一喜は乗って撮った廃車候補の2461~編成。2月2日の2441~編成は順当に対向ホームから撮っているので、今日は目先を変えて同じホームから後追いしてみました。

2464_1676_160216.jpg
77運行の2461~編成 横須賀中央にて

そして一憂は上大岡。依りによって何でこういう時にシャッタースピードが1/30になってるんでしょ。絶好のチャンスを逃してしまいました。これ、桜吹雪ってやつですね。

2156_1072_160216.jpg
あれま惜しかった。カメラのセットがワヤワヤになっていて折角の並びを撮り損ねてしまいました・・・ 上大岡にて 2枚共 2016.2.16撮影

冬から春への季節の変わり目は三寒四温。1500形前面表示器のLED化もやったりやらなかったり、それでもコツコツと進捗をみています。2月12日の1719~編成より8両固定編成に着手、一方で15日の1593~編成をもって遂に6両固定編成の作業が完了しました。4両固定編成にはまだ動きがないようですがこの先どうなることでしょう。

1730_1596_160216.jpg
2月15日、6両固定編成の殿でLED化された1593~編成(右)と16日に交換され夜の運用をこなす1725~編成(左) 堀ノ内にて 2016.2.16撮影

■施工済みの編成
1529~ 2016/1/15 新町 列検
1565~ 2016/1/16 金沢 清掃
1549~ 2016/1/17 新町 清掃
1581~ 2016/1/19 金沢 清掃
1585~ 2016/1/20 金沢 清掃
1625~ 2016/1/20 金沢 列検
1573~ 2016/1/21 金沢 清掃
1569~ 2016/1/21 金沢 列検
1537~ 2016/1/30 新町 清掃
1545~ 2016/1/31 新町 列検
1541~ 2016/2/1 新町 列検
1533~ 2016/2/2 新町 清掃
1561~ 2016/2/3 新町 清掃
1589~ 2016/2/7 新町 清掃
1719~ 2016/2/12 車管 列検
1707~ 2016/2/13 車管 清掃
1593~ 2016/2/15 新町 列検
1725~ 2016/2/16 車管 清掃

注)左から編成、施工日、所属、検査・清掃種別

■日々の要注意な交換候補編成
1月15日 1529~、1533~、1537~、1569~、1573~
1月16日 1545~、1561~、1565~、1581~、1593~
1月17日 1541~、1549~、1585~、1589~、1625~
1月18日 1533~、1537~、1569~、1573~
1月19日 1545~、1561~、1581~、1593~
1月20日 1541~、1585~、1589~、1625~
1月21日 1533~、1537~、1569~1573~
1月22日 1545~、1561~、1593~
1月23日 1541~、1589~
1月24日 1533~、1537~
1月25日 1545~、1561~、1593~
1月26日 1541~、1589~
1月27日 1533~、1537~
1月28日 1545~、1561~、1593~
1月29日 1541~、1589~
1月30日 1533~、1537~
1月31日 1545~、1561~、1593~
2月1日 1541~、1589~
2月2日 1505~、1517~、1533~、1713~、1731~
2月3日 1509~、1521~、1561~、1593~、1719~
2月4日 1501~、1513~、1525~、1589~、1707~、1725~
2月5日 1505~、1517~、1713~、1731~
2月6日 1509~、1521~、1593~、1719~
2月7日 1501~、1513~、1525~、1589~、1707~、1725~
2月8日 1505~、1517~、1713~、1731~
2月9日 1509~、1521~、1593~、1719~
2月10日 1501~、1513~、1525~、1707~、1725~
2月11日 1505~、1517~、1713~、1731~
2月12日 1509~、1521~、1593~、1719~
2月13日 1501~、1513~、1525~、1707~、1725~
2月14日 1505~、1517~、1713~、1731~
2月15日 1509~、1521~、1593~
2月16日 1501~、1513~、1525~、1725~
2月17日 1505~、1517~、1713~、1731~
2月18日 1509~、1521~
2月19日 1501~、1513~、1525~
2月20日 1505~、1517~、1713~、1731~
2月21日 1509~、1521~
2月22日 1501~、1513~、1525~
2月23日 1505~、1517~、1713~、1731~
2月24日 1509~、1521~

注)赤字がビンゴ、未来分はビンゴを除いて循環
2441~、2461~、8161~といったネタ編成が立て続けに現れたのに全てを撮り逃し、何をやっているんだかの趣味活動ですが、その代りにもならないようなものを少々。

■京急川崎駅の階段
下り4、5番線品川寄りの階段です。その麓はタイルを剥がして何やら工事中です。コンクリート剥き出しになった床には、応急の点字ブロックや進行方向の矢印が補われています。いつもの積りで登り始めたときにちょっとした違和感がありました。あれれ、自分は逆流している??? 踊り場まで来て矢印を確かめれば合ってるじゃん!! いやまて・・・それでも釈然としません。どうせ時間は余ってるからと、もう一度下まで降りてみたら・・・・これは混んでるときには階段の途中でカオスに・・・・場所柄どうせ誰も見やしないから大丈夫!?

StairsofKawa_1_160213.jpg
京急川崎駅4、5番線品川方の階段は元来左側通行。踊り場の矢印は上りが青で下りが黄

StairsofKawa_2_160213.jpg
何等かの工事でタイルが剥がされている大師線ホーム階には点字ブロックや仮の矢印が・・・。しかしこれじゃ階段の途中で正面衝突だぜい!! 

本件、現在は正しい向きに直されております。作業を担当されました皆様お疲れ様でした。

■1065~編成の河津桜号
今年も河津桜の季節が到来。今年は1000形にラッピング・・・なのは良いとして、この車にしてはちょっと違和感のある場所で撮っているような・・・。

1072_sakura_160213.jpg
1000形1065~編成に施された河津桜のラッピング。神奈川新町にて1072号の海側を写す

1071_sakura_160213.jpg
文字が読めるようにちょいとデカく。1071号の海側品川寄りを写す 4枚共 2016.2.13撮影
2月12日、遂に1500形8両固定編成も前面表示器のLED化が始まり、そのトップを切って1719~編成が交換されました。

1724_1732SH_160212.jpg
1500形の前面表示器LED化、8両固定編成で最初に交換されたのは1719~編成だった 京急久里浜にて 2016.2.12撮影
Template by :FRAZ