back to TOP

admin |  RSS
表題編成は両先頭車の前照灯がLED式に交換されています。試用されているLED前照灯は丸型で素子は10個(群?)あり、小さ目の縦4個が下向き(ロービーム)用、その左右に3灯ずつある大き目のものが上向き(ハイビーム)用の様で、上向きの時は全てが点灯します。光色は意外にも電球色になっています。電球色といっても赤みが少ない感じがします。内部を良く見ると小さなメーカーロゴがあり、それよりコイト電工製であることが推察できます。

尚、ヲタさん的に気になるのはハイビームの目潰し光線てすが、LEDですので指向性がはっきりしているようで、ビームの中に入った時は強烈ですが、外れるとハイビームでもそれ程眩しくは感じられませんでした。写真撮影の際はビームを上手く掻い潜るように角度をつける方が良いかも知れません。つまり、黄色い線から充分に下がれてことですね。

1367_1342_160427.jpg
前照灯がLEDに交換された1000形1367~編成。前照灯は下向きの状態で猫の目のよう。明るい日中は標識灯としては頼り無い感じ 京急新子安にて

1372_1372_160427.jpg
消灯状態では前照灯が白く見える 神奈川新町にて

1372_1543_160427.jpg
こちらも下向きだが夕方になると流石に眩しく見えるようになってくる 堀ノ内にて

1367_cab_160427.jpg
運転台コンソールには「LED前照灯試験車」という表示が貼り付けられている。このことから試験使用であることが伺える。1367号を写す

1372_LEDHL_OFF_160427.jpg
以下の画像3点はLED前照灯のクローズアップ。先ずは消灯状態。内部の基板を良く見るとメーカーのロゴが見つかる。丸形の中央縦に下向き用の小さめのレンズが4つ、その両脇に上向き用の大き目のレンズが合計6個並ぶ。1372号山側

1367_LEDHL_LO_160427.jpg
露出を相当絞ってあります。下向き点灯の状態。下向き用レンズの内部には配光調整なのかリフレクターのようなものがあり馬蹄形に光っている。1367号山側

1372_LEDHL_HI2_160427.jpg
上向き点灯の状態。すべての素子が点灯しているが意外にも近くで見ると上向き用は下向き用より暗く見える。1372号山側

1372_LEDHL_HI1_160427.jpg
1372号の上向き点灯状態。ビームの中に入ると流石に大変眩しい 金沢文庫にて 全て 2016.4.27撮影

【オマケ画像】
tomioka_SS_160427.jpg
だから何? って感じかも知れないが、LED前照灯の強い光が反射して昼間から白く光ってみえる信号機 京急富岡にて
スポンサーサイト



Template by :FRAZ