back to TOP

admin |  RSS
ちょっと前にTwitterの方で友人からお知らせを頂いていましたが(毎度有難うございます!!)、ブログ主は時間が取れずレポートが遅くなってしまいました。

京急1000形1367~編成の主幹制御器がB7ノッチに交換されています。期日は不明ですが、元々本工事は主幹制御器を取り換えるだけですので検査や清掃の序でに完了してしまい、更に乗務員室を覗き込まないと分からないことから交換日を把握するのが困難です。

また、今のところ1000形の6両固定編成の製造が新しいものから順に勧められている様に見受けられますが、他の編成はまだチェックし切れていません。

正直なところ、この交換工事はある程度の数の予備品を用意して、雪崩の様な勢いで作業が進められると予想していましたが、それとは正反対の地味な展開となっています。調査が長期戦になったら辛いかなと思わず弱音を吐いてしまいますなぁ。

1367_1300_180620.jpg
B7ノッチ主幹制御器に交換された1000形1367~編成 井土ヶ谷にて

1372_MC_180620.jpg
お決まり画像ですがその証拠。1372号の運転台を写す 2枚共 2018.6.20撮影
スポンサーサイト
現在京急1000形の新造車は1631~と1637~の2編成があって、しかも試運転の日程が重なって紛らわしいですが、今夜は1631~編成の方の試運転です。例によって金沢文庫から京急川崎、そして新町2往復の後京急川崎から金沢文庫に戻るスジです。

1631_KC2298_180619.jpg
京急川崎から折り返した来た1000形新造車1631~編成の試運転列車。何となく灯火の点灯状態が示すようにこの後車庫線へ

神奈川新町の折返しでは、普通17運行の800形8161~編成の入庫車と恐らく新旧交代となるであろう並びのシーンが見られました。

8166_1636_180619.jpg
折返し出発待ちの間、1631~編成の横を800形8161~編成の入庫車がすり抜けて何となく新旧交代のツーショットに 2枚共 神奈川新町にて 2018.6.19撮影
今日のブログ主は、関西の地震関連やら、自身の仕事関係がのっぴきならない事態になってしまって、結局家で缶詰になりテツ活動出来ずに終わりました。そんな有様ですので画像がありませんが、表題の新造車が本日6月18日に無事に竣工し、試運転も行われたとのことです。ブログ主としては、さきの1631~編成に続きWi-Fi APの取付の有無を確認しそびれてしまった事が悔やまれます。

京急では下記のリリースもあったりして、あれこれ話題豊富で、テツ活動も大忙しと言ったところですが、相次ぐ新造車の竣工により代替廃車を出すことになる800形の方もしっかり記録せねばなりませんね。ひとまず8161~とか820~とあたりの編成がトントンと肩を叩かれているんでしょうね。

京急×都営交通×京成「相互直通50周年記念」キャンペーン実施 - 2018年度 - ニュースリリース - 企業・IR情報 - 【KEIKYU WEB】京急電鉄オフィシャルサイト
6月8日に竣工した京急1000形新造車の1631~編成は、15日の夜に2回目の試運転が行われています。既にWi-Fi APが取付けられていますが、ブログ主は竣工時の確認が出来なかったので、どのタイミングで取付けられたのか現状では判断できません。困った・・・・8日に確認された方はいらっしゃいませんでしょうか。

1636_KC2299_180615.jpg
お馴染みの京急蒲田で待ち構えたものの場内で停まらず・・・

1631_KC2299_180615.jpg
6番線の停車位置まで一目散。おかげ様でWi-Fi APをこの場でチェック完了 2枚共 2018.6.15撮影
京急600形6081~編成試運転撮影の途上、乗り合わせた快特で次の画像の様な面白いものを見ました。

6058_taisetsu_180615.jpg
対雪ブレーキ動作中。表示灯の点灯と共に圧力計は約50kPaを示す 2018.6.15撮影

制動時以外、いつもシャラシャラとブレーキを引き摺る音がするので何だろうと思ったらこういう事でした。滝の様な豪雨の中、どの列車も空転滑走により運転が難しそうでしたが、こうすると少しは粘着力が増すのでしょうか。大きなお世話かも知れませんが、先般の歌舞伎の煙玉の一件もありますので目的外の使用はちょっと心配です。
6月15日、肌寒い位の梅雨空の下、京急600形6081~編成の全般検査に伴う試運転が行われました。検査に併せて室内灯がLED化されています。使用管球はLDL40S・N/19/23P-Gです。その他、冷房機や座席表布等に変化は無い様です。

6088_KC1305_180615.jpg
全般検査に伴って試運転が行われた京急600形6081~編成 北久里浜にて 2018.6.15撮影
どうでもいいじゃんみたいな小ネタです。

最近京急1000形1325号の山側第2ドアにある靴摺り部が赤くなっています。同じ様な状態は、赤白塗装のSUS1000が登場する前に1000形の1301号と1331号で見られましたが、また何かの試験が行われているのでしょうか。
尚、他編成については全てをチェックした訳ではないので、同様のものが有るかどうかは分かりません。

1325_step_180612.jpg
靴摺り側面が赤くなっている京急1000形1325号の第2ドア 2018.6.12撮影
5月末だったか6月頭だったか、京急600形6011~編成の5~8号車(品川寄り4両)の冷房機が新品と思われるものと交換されていました。

6018_1669H_180612.jpg
色々と難アリな画像だが兎に角品川寄り4両(手前側)の冷房機が新しくなっている京急600形6011~編成 京急長沢~津久井浜にて 2018.6.12撮影

今日12日になってようやく管理番号が読めました。結果は下表の通り。

車号
6011MF-62変更なし
6012MF-63変更なし
6013MF-66変更なし
6014MF-65変更なし
6015MF-67MF-124
6016MF-64MF-125
6017MF-60MF-126
6018MF-61MF-127


1~4号車については変化がありませんが、5~8号車に新たに載せられた冷房機は従来からのラストナンバーであるMF-123の追番でMF-124~MF-127になっています。形式は従来と同じCU71F-G2なのか、或は新形式なのかは分かりません。
600形の冷房機は載せ換えられてから既に9年程経過しているので、いよいよオーバーホールが始まり、関連して予備品が登場したものと思います。
午前中に試運転を目撃していたのでEF65を撮影の後にとんぼ返りです。

という訳でシーサイドライン第46編成の試運転が行われました。同編成は既報の通り暫く姿を見せていませんでしたので定期検査かと思います。

ss2461_180612.jpg
午前中のどんよりした空気は一変午後の試運転時には夏の日射しと抜けるような青空が広がる。野島公園に差し掛かる第46編成の試運転列車 2018.6.12撮影
今日のネタはちょっとトッ散らかっていますが、端から片付けます。

「ブルトレ色」だなんて懐かしい言葉を引っ張り出してしまいましたが原色塗装のEF65 2066です。PFは元々飾りのヒゲがないので、EF65の中でも手抜き感が強く、全然好きになれなかったのですが、それを差し引いてもやはり原色は遠目にも目立つしイイですね。

ef652066_kawashin_180612.jpg
ブルトレ色のEF65が牽く貨物列車。列番失念 川崎新町にて 2018.6.12撮影
Template by :FRAZ