back to TOP

admin |  RSS
多分今月最後のネタになろうと思います。

7月31日、表題編成は1604C列車で金沢文庫から久里工へと回送されました。恐らく同編成初の重要部検査に入るものと思います。

1355_1604C_180731.jpg
検査のビフォーアフターにしたところでそれ程違って見えないのが銀さまの欠点!? 新大津を通過する1355~編成の回送列車 2018.7.31撮影
スポンサーサイト
いろんな電車を撮影しているといろんな人と出会い、ハンドルとお顔がだんだん一致してくるのは楽しいものです。

さて、7月30日の夜、都営浅草線の5500形新造車5504編成が総合車両製作所から出場し、京急線を北上し都営浅草線方面へ回送されました。着々と数を増やしていますが、置場には困らないのでしょうか。

55048_kai2199T_180730.jpg
ブログ主はこのところちょっと忙し目。故に息切れしない様手近なところで済ませる。京急川崎で待避中の都営浅草線5500形新造車5504編成の回送列車

55041_kai2199T_180730.jpg
ちょっと北上して今度は平和島で待避中 2枚共 2018.7.30撮影
表題編成は7月23日の試運転の後、24日には無事出場、25日より運用復帰しているのは既にご存知かと、そして「北斗の拳」と「OTODAMA SEA STUDIO」のラッピングが施されています。

巷に盛大に沸き起こる人気にも拘らず、ブログ主はもとより「北斗の拳」には興味が無く、車両の横っ腹に描かれているキャラクターも誰だか分からなければ、「京急かぁまたたたたーっ」なんていう駅名のツボも分かりません。

尚、検査に伴う工事もあまり無かった様で、SR無線関連は未着手、冷房機、室内灯、座席表布など、トレンドの動きもサッパリ無い模様です。

1065_1084SH_180730.jpg
三崎口に来てみたものの光線状態が中途半端。思いつきだから仕方ない。三崎口に到着する「北斗の拳」・「OTODAMA SEA STUDIO」りラッピング列車。残念ながらヘッドマークなし

1071_hokuto_180730.jpg
なんか大勢のキャラクターがズラリ。編成中6両がこのパターン

1065_hokuto_180730.jpg
2両は主に「OTODAMA SEA STUDIO」のラッピング

1072_hokuto_180730.jpg
車内の広告はブログ主にとってはなんじゃこれな感じ 4枚共 2018.7.30撮影
僅か20分余りの間によくもまあ集まってきたものです。試運転も含めてイロモノ大漁でした。出来が良くなくて恐縮ですが、時系列的に並べますのでご笑覧くださいませ。

6068_1325SH_180725.jpg
1325SH列車の600形6061~編成

6041_1258SH_180725.jpg
残念!! 並ばなかった。「相互直通50周年」ヘッドマークの600形6041~編成

6048_1258SH_180725.jpg
1258SH列車の6041~編成

2133_1315A_180725.jpg
1315A列車の2100形2133~編成

8236_1319_180725.jpg
1319列車の800形8231~編成

1057_1262SH_180725.jpg
そして1262SH列車のきいろちゃん 6枚共 逸見にて 2018.7.25撮影
定期検査でもないのに表題編成を使用した試運転が7月25日にKC5運行のスジで行われました。海側は見ていませんが、1号車1529号の山側床下の主開閉器辺りの主回路配線に何やら取付けられているので、この辺りの試験が行われたのではないでしょうか。

1532_KC1305_180725.jpg
京急1500形1529~編成の試運転列車 逸見にて

1529_KC1404_180725.jpg
そして下りの試運転列車 新大津~北久里浜にて

1529_MS_180725.jpg
1529号の主開閉器(左側の箱)当りの主回路配線にビニール袋で覆われた物体が取付けられている 3枚共 2018.7.25撮影
不思議なこともあるもので、頻繁に京急に乗っていながらさっぱり出会わない編成があったりします。このスレ話題の1000形1355~編成がそれで、暫く前から1000形の6両固定編成の主幹制御器をチェックしているのですが、この編成だけ全然見られずにいました。去る7月22日、やっと調べる機会が訪れたのですが時既に遅し。B7ノッチの主幹制御器に変わっているではないですか。ブログ主は落胆の色を隠せず・・・これはいつ載せ換えられたのか全く手掛かりがありません。ご存知の方、ヒントを下さいます方、いらっしゃいましたから是非ご教示頂けませんでしょうか。

1355_1317_180723.jpg
B7ノッチ主幹制御器に変わっている1000形1355~編成 逸見にて 2018.7.23撮影

1355_B7MC_180722.jpg
ほぼお決まりアングルの証拠画像? マスコンが変わっている1355~編成の運転台 2018.7.22撮影
ふたつの試運転の合間は全般検査から出場し、月・木の貨車便に復帰しているデト11-12です。
KC1216ですが、ブログ主はこれを京急田浦で撮影したことがなく試しに行ってみました。他の試運転列車と同様、上り列車に被られ易くあまり精神衛生に宜しくない様です。

11_KC1216_180723.jpg
貨車便に復帰しているデト11-12。今日の荷物は 軽すぎ?? 京急田浦にて 2018.7.23撮影
二本目の試運転はこちら。

京急1000形1065~編成の全般検査に伴う試運転が行われました。SR式列車無線装置の取付も行われず、座席も主幹制御器も冷房機も動きがなく、変わった所を探せと言う方が困難な程の変化の無さです。

1072_KC1305_180723.jpg
撮影場所まで変化なし。逸見を通過する1000形1065~編成の試運転列車。この編成もツノ(SRアンテナ)なしのまま

1065_KC1404_180723.jpg
金沢文庫で現車チェックをすると撮影できる所が限られてしまい結局新大津。下りの試運転列車 2枚共 2018.7.23撮影
各種ニュースによると熊谷で41.1℃だなんて記録的な暑さになり、普段はそよ風が心地良い筈の撮影ポイントが熱風になっていたりなんかして、もう動く度にいちいち溜息をついたり、ハアハア舌が出ちゃったりしてやってられない7月23日もダブルな試運転ネタです。

その一発目は、昨夜に引き続いて行われた京急1000形1401~編成を使用した試運転です。金沢文庫から三崎口往復、そして浦賀往復という行路だった様ですが、ブログ主は三崎口往復には間に合わず後者だけの撮影になりました。やはりC-ATS関連の様です。

1401_KC1198_1_180723.jpg
逸見に差し掛かる1000形1401~編成の試運転列車

1401_KC1198_2_180723.jpg
昨日の煙は見えないものの撮影時点でまだ鎮火せずとの情報も。珍しく下りも逸見で待避した

1404_KC1199_180723.jpg
空気が“沸騰”してしまって?? 全然ピリッとしない画像。浦賀から戻る。堀ノ内は3番線を通過していった 3枚共 2018.7.23撮影
7月22日は試運転の2本立て??

京急1000形1401~編成を使用した夜間の試運転が行われました。

同編成の1401号は、2017年の機器更新時にC-ATSの表示灯がLCD式になりましたが、後にLEDドットマトリックス式に戻されていました。今夜の試運転では再びLCD式の表示灯に交換され、また乗務員室仕切り上部中央のATS“指定席”ともいえる箇所の点検蓋が外されていることから、C-ATSに関係した試運転であることが伺われます。

1401_KC2199_180722.jpg
残念!! 今夜は被られパターン。神奈川新町に到着した1000形1401~編成の試運転列車

1404_KC2298_1_180722.jpg
品川3番線で折返しの出発待ち。1401号、1404号共にLCD式のC-ATS表示灯となる

1404_KC2298_2_180722.jpg
もう一度神奈川新町にて。今度は被られる事なく撮影した下りの試運転列車

1401_LCD_180722.jpg
1401号のC-ATS表示灯

1404_C-ATS_180722.jpg
両先頭車ともにATSの点検蓋が外され、内蔵の機器よりケーブルが引き出されている 5枚共 2018.7.22撮影
Template by :FRAZ