back to TOP

admin |  RSS
11月1日の京急。運転中の車内にちょっとトーンの違う放送が流れ始めました。音源は乗務員さんが携行するタブレットで、車掌台側の乗務員室仕切窓の縁に沿って設えられたケーブルを通じて放送装置に接続されています。危険品持ち込みやその他の注意等、今迄の放送装置に組み込まれた自動放送には無い多岐に渡る内容の自動放送が流せる模様で、必ず英語放送が付帯するのがミソである様に感じます。
現時点では全ての列車で使用されている訳ではなく、まだ試験運用の段階の様に思えますが、これからの動きに注目ですね。

KQ_tablet_181101.jpg
ケーブルで放送装置に接続された業務用のタブレット。各種放送のボタンが表示される

1637_CM_181101.jpg
とすると・・・今後タブレットとこの箱とはどのように住み分けるのだろうか 2枚共 2018.11.1撮影
スポンサーサイト
Template by :FRAZ