back to TOP

admin |  RSS
体調がイマイチで。血液検査をしたら数値がとってもヤバい状態で、数値だけで判断したら即刻入院ですと・・・。でもしかし・・・同罪の前科があるので、自己管理で何とか乗り切ってみようとの判断で、取り敢えず病院送りは逃れました。

家で寝てるか、確定申告するか、原稿書くか、鉄道模型でも作るか、こんな4択になったら模型を選ぶっきゃない!!

弊ブログのスレ「鉄道模型 アクラス 80系電車の座席を塗る」の終わりに「このキット、色々あるんですよ・・・」なんて書きましたが、今回のネタはそれの一つです。

このキットのラインナップは80系の300番代から始まり、早速買い込んだものの箱積み放置していました。最近になって個人的に好むモハ80-200番代とクハ86-100番代が発売され、こちらも購入し遂に製作に着手しました。しかしながら後者の、特にクハ86-100の便所窓にはエラーがあって、本来他の戸袋窓より天地寸法が小さくなるところが、普通の戸袋窓と同じサイズになっています。基本番代の更新車と勘違いしてしまったのでしょうかね。単調な窓割の80系電車にとってこの辺の特徴を見過ごすわけにもいかず、これは修正しなければいけないかなと思います。

実際にはクハ86-100番代は未着手なのですが、先行してモハ80-200番代からサハ87-100番代への改造で、全く同じ事をしましたのでちょっとだけご紹介。例によって作業に没頭してしまい途中経過の撮影をしていませんが、技法としては何も変わったことはしておらず、先ず窓の下側をウインドシルのラインまで切り抜いた後、角Rのドリル径と若干の余裕をみたサイズの1.2mm厚のタミヤのブラバンで塞ぎ、ケガキのうえ隅に3φ穴を開け直線部分を切り出し整形するだけです。車体の材質はABSですのでブラバンは溶着できず不適ですが頃良いABS板が無かったので妥協し瞬間接着剤の力を借りています。一応、プライマーを吹いて研磨し段差を目立たなくしています。

ビフォーアフターだけになりますが画像を掲載して、今日の分はおしまいです。

aclass_80_lavatory_01.jpg
上がクハ86-100のトイレ付近。本来天地が小さい筈のトイレの戸袋窓が他と同じでこれは製品のエラー。よく見ると隣の小窓の左側にうっすらと修正線??が・・・。もしかしてここも間違えて大窓開けた?? 下はモハ80-200から化かすサハ87-100。窓の修正法はクハと同様

aclass_80_lavatory_02.jpg
サハ87-100の作業続き。プライマーを吹き段差を修正して・・・まあこんなところ?
スポンサーサイト
年明けに全般検査で入場した京急1500形1525~編成は、1月29日に定例の試運転が行われました。座席表布が新柄になっていますが、3、4号車は昨2018年7月に交換済みでしたので、今回の検査では1、2号車が新しくなったことになります。その他変化はない様に思えます。

大師線のヘッドマークが終わるまでまだ少し日にちが残っていますので、出場後に1525~編成が大師線に入って綺麗な車体にヘッドマークを掲げた姿が見られるかどうか楽しみですね。

1528_KC1305_190129.jpg
1500形1525~編成の試運転列車 堀ノ内にて

1525_KC1404_190129.jpg
同じく 横須賀中央にて 2枚共 2019.1.29撮影
穴に嵌ったら落っこちる!? 羽田空港国際線ターミナル駅の2階到着ロビー改札口を入った所に面白いモノ出現です。

鉄道事業者として日本で初めて錯覚を活用した「錯視サイン」を導入 - 2018年度 - ニュースリリース - 企業情報 - 【KEIKYU WEB】京急電鉄オフィシャルサイト

上記のリンクにもありますが、インバウンドによるエスカレーターからの荷物転落負傷事故が発生したことを受けて、エレベータを使用して貰う為に採用された秘策だそうです。駅の構造上改札口からエレベーターが直接見えないため、その位置を知らせる様になっています。改札口を入って少し歩みを進めると歪んで見えていたこのサインがはっきり見えるポイントがあって「なんじゃこれ!!」となる仕掛けです。

Haneda_OpticalIllusion_1_190128.jpg
二階到着ロビー改札口を入って少し進むと現れる錯視サイン

Haneda_OpticalIllusion_4_190128.jpg
違う角度から見るとこんなになっている

合わせてコンコースでは、えらいセンセイの「錯視作品展」が開催され、何点かの作品が展示され、アトラクション??として飛び出す電車のフォトスポットも設置されています。ただ、このフォトスポットですが、「ここから写真を撮ってね!」という足跡のポイントからではかなりの広角レンズでないと折角の作品が視野に収まりません。スマホなら大丈夫なのかな??

Haneda_OpticalIllusion_2_190128.jpg
人がどのように錯覚するか数学的に予知できるそうな。「錯視作品展」の小展示。作品は粘土細工??

Haneda_OpticalIllusion_3_190128.jpg
ハマの風景から飛び出す1000形 4枚共 2019.1.28撮影
昨年炎上したこの話題、KEIKYU WEB に新しいリリースがありましたね。

2020年3月に4駅の駅名を変更します - 2018年度 - ニュースリリース - 企業情報 - 【KEIKYU WEB】京急電鉄オフィシャルサイト

毒を吐いたら際限が無いかも知れませんので自粛しますが、逗子線の終点である現新逗子駅の前部標識は良く変わる、という訳で画像をいくつか集めてみました。古い方は例の簡易スキャナー「フォトレコ」ですので色々と難がありますがご容赦を。

1029_7009XX.jpg
方向板末期の普通・逗子海岸行き。逗子海岸は逗子と省略表記で「逗」の字は一点しんにゅう。より古い方向板には二点しんにゅうのものもあった。車両は初代1000形1029~編成。川車製だが手前の1029-1030のユニットは電装品が東洋、向こうの1031-1032のユニットが三菱の混成だった 八丁畷~鶴見市場にて 1970.9撮影

711_7002xx.jpg
白幕時代の普通・逗子海岸行き。省略表記は相変わらずで「逗」は一点しんにゅう。車両は新造からまだそれ程経たない頃の二代目700形711~編成 品川にて 1970.2撮影

黒幕時代の「逗子」表記もありますが、手持の写真がリバーサルのマウントなので、フォトレコではスキャンできませんでした。申し訳ございません。

8121_8606XX.jpg
急行・新逗子行き。京浜寿司・・・おっと京浜逗子、と逗子海岸駅が統合され駅名は現行の新逗子となる。この時期の「逗」は一点しんにゅう。車両は3両固定編成時代の800形8121~編成。後ろはセオリー通りなら8111~編成、検査か何かに当たっていたら8251~編成。この画像では判断がつかないが後ろの編成のパンタが綺麗に見えるのでちょっと怪しい 神奈川にて 1986.6撮影

1243_1044_100613.jpg
黒幕時代末期の普通・新逗子行き。「逗」は二点しんにゅうに改められた。車両は引退が迫った頃の初代1000形1243~編成 品川にて 2010.6.13撮影

2431_1402D_110907.jpg
白幕欧文表記入り方向幕のエアポート急行・新逗子行き。このスタイルも800形の4編成に残されているだけ。画像は東日本大震災の後、節電ダイヤのため4両編成で走るエアポート急行の2000形2431~編成 神武寺にて 2011.9.7撮影

1009_1200D_180301.jpg
現行のLED表示となったエアポート急行・新逗子行き。まさかこの表記が過去のものになるなどとは思わなかった。車両はお歌が歌えた頃の1000形1009~編成 金沢文庫~金沢八景にて 2018.3.1撮影
先日客車のキットをアップしたブログ主ですが、そちらの方は放ったらかし。実は以前からアクラスの国鉄80系電車のプラキットをため込んで、あれこれとやらかしています。モデル化の目標は東海道本線東京口での末期の編成でモノクラスの12両ですが、アクラスのキットには0番代はないので、それはいずれ何とかするとして、取り敢えず10両編成にと思っています。先頭車は両端を100番代と300番代にしたいのですが、キットの構成から先頭車が2両余分になってしまいます。折角なので予備車の積りでディテールを変えながら揃えた12両全部を完動にしたいと思って頑張っています。

その80系、ここ2日ばかりはインテリアの座席の塗装と組み立てに掛かっています。小さいと言えば小さなパーツなのですが、座席も12両分となると流石にウンザリする様な量の多さでひたすら単純作業でした。ランナーの状態で塗装出来たらよかったのですが、ゲートの位置が良くなくて切り離さないと綺麗に塗装できません。なので斯様に面倒な作業になりました。

aclass_80_seat_01.jpg
12両分の座席パーツは小さめのザル一杯。ランナーのゲートが塗装したい座面にあるので結局全部切り離す羽目に・・・

aclass_80_seat_02.jpg
段ボール箱を利用してパーツを張り付けるボードにする。いつもは幅広の両面テープを使うのだが、何処へやってしまったのか見当たらないので養生テープを裏返しに使用

aclass_80_seat_03.jpg
座席をペタペタ貼付けて準備完了。こういう単純作業は出来たら避けたいものだと思う

aclass_80_seat_04.jpg
Mr.カラースプレーのNo.110 (キャラクターブルー) を使用して一気塗り

aclass_80_seat_05.jpg
塗装を終えた座席を床板に接着して作業完了。1両分足りないのは動力車はこのままの構成で作れないので後回しにした為

当初はフレームとひじ掛けを頑張ってグレーに塗り分けようと目論んだのですが、本来形状が大きく違う筈の100、200番代と300番代の座席の型が共通になっているのにがっかり、一気にやる気が失せました。

このキット、色々あるんですよ・・・
ブログ主ったら、SRに関してずっと前から800形の存在を忘れています。既に眼中にないというヤツです(笑) 故に一昨日よりの「ツノなし」に関する記事は「取付予定編成中」という言葉を補わねばなりません。誠に申し訳御座いませんでした。

昨日は、ちょっとしんどくなって撮影をパスしてしまいましたが、取付予定編成のなかで最後迄SR式列車無線装置と車上情報管理装置が設置されていなかった1000形1033~編成は、昨日1月23日に新町検車区で列車検査を受けた後、夕方の95A運行で久里工に入庫し、本日24日は運用されてない模様です。
同編成は既に久里工に入場した可能性があり、営業線上にある取付予定編成はSR式列車無線装置と車上情報管理装置を完備した事になります。車上情報管理装置は2009年の6051~編成から、SR式列車無線装置は2014年の1489~編成から取付が始まり、いずれも2018年度で工事を完了することになるのでしょうね。

1040_1387SH_190104.jpg
ストック画像で済みません。SR式列車無線装置等の取付で入場したかも知れないツノなし1033~編成 逸見にて 2019.1.4撮影
ブログ主は疲れたのか何なのか、営業列車は満足に撮れず今日のベストショットは入換中という体たらく。

1月23日、京急1000形新造車の1649~編成が、普通の29運行→15運行に入り営業を開始しました。SR式列車無線装置のコールサイン等は下表の通りです。今回、一部データはMさん 様が調べておいて下さいました。誠に有難うございました。
主幹制御器はB7ノッチ、ATS表示灯はLEDでした。その他仕様は特に変化なさそうです。

コールサイン製造番号製造年月
1649けいきゅうれつむ253840202532018/8
1654けいきゅうれつむ254840202542018/8


1654_1129_190123.jpg
普通29運行で初営業の1000形新造車の1649~編成 戸部にて

1649_1129_190123.jpg
新町で車両振替されて一旦入庫、午後は15運行となる 神奈川新町にて 2枚共 2019.1.23撮影

これにより、800形8251~編成の営業離脱は決定的で、営業に残る800形は8231~、8261~、8271~の3編成のみになったものと思います。
まさか、回送から回送に移行するとは思いもよらず・・・。

昨日1月21日は、39運行→25運行と普通列車の運用に就いていた京急800形8251~編成の22日は、朝から新町検車区で清掃の後、回1150列車で金沢文庫へ。そして、1604C列車で金沢文庫から久里工へと回送されて今日の運用を終了してしまった様です。となると昨日の25運行が同編成の最終営業だったのかも知れません。明日、1000形新造車の1649~編成が営業を開始したら決定的ですね。
しかし、8251~編成はそのまま廃車にはならず、除籍済みの8211~編成に代ってホームドア運搬に使用されることが期待されます。

8251_kai1150_190122.jpg
桜の花が終わるまで枝払いされませんように・・・。800形8251~編成は回1150列車で神奈川新町から金沢文庫へと回送された 仲木戸にて

8251_1604C_190122.jpg
金沢文庫からも営業運転に就くことなく、今度は1604C列車で久里工へと回送 安針塚にて

8256_1604C_190122.jpg
お達者で・・・ 安針塚にて 2019.1.22撮影
昨日アップしました最後のSR式列車無線装置未装着車の1000形1033~編成は今日1月22日も走っていました。

1033_1366SH_190122.jpg
まだツノが生えない1000形1033~編成は今日も走る 金沢文庫にて 2019.1.22撮影
今日は別件のせいでこちらには身が入りませんでした。撮影いまいちです。

1月22日、京急600形6011~編成の重要部検査に伴う試運転が行われました。客室の室内灯がLEDに交換されました。これで600形のLED化が完了です。また、前面遮光カーテンが600形8両固定編成としては初めて取付けられています。その他は特に変化は無い模様です。

6018_KC1305_190122.jpg
600形6011~編成の上り試運転列車。前面遮光カーテンのレールが見えている 逸見にて

6018_KC1404_190122.jpg
同じく下りの試運転列車 堀ノ内にて 2枚共 2019.1.22撮影
Template by :FRAZ