back to TOP

admin |  RSS
こちらのタイトルに挙げた「フォトレコ」は、ナカバヤシから売り出されていた写真プリントやネガ・ポジの簡易スキャナで、下記URLにあるような製品です。ちょっと友人からお借りしてきました。

フォトレコ フォト&ネガ - フォトレコ - フォトレコ - デジタル文具 - 製品紹介 - ナカバヤシ株式会社

近頃フィルムスキャナーはこれと言った製品もなく、昔撮影した銀塩写真を弊ブログで紹介する(やっつけな)方法が見当たらず途方に暮れていたので、上手く行ったら儲け物な気分で試してみました。結果、フィルムからのピクセル数は1632×1088、画質はかなり階調に乏しく、まあ「簡易」のなかの「簡易」といったところですが、ブログでのお遊び程度なら良いかなと言う事で、現在モリモリスキャンしているところです。残念なのはマウントされたリバーサルがスキャン出来ないことですが、それは別の方法を考えないといけなません。

弊ブログではその画像を利用して、これから暇な時の埋め草程度の気楽なスレをこしらえてみようと思います。アップに脈絡はありません。また京急とも限りませんが、何卒お付き合いの程を宜しくお願い致します。




今夜はその第一弾。時は1986年11月頃・・・・だったでしょうか。いい加減な事をいっていますが、なにしろ銀塩の頃はそういうデータが画像に残っている訳ではないので、メモを取れないダメ人間にとって、5W1Hの書き出しは難しいというより無理な相談ですのでこうなってしまいます。
古いフィルムからの画像は、京急二代目600形が引退後、久里工(京急車輌)で改造の上琴電1070形として旅立つ姿を大黒ふ頭で捉えたもの。車号は1073と1074号ですね。あちらではまだ現役ですが、そろそろ引退の日も近いのではと思います。

koto1073_1074_8611xx.jpg
大黒ふ頭に陸送されてきた琴電1070形の2両 以下モノクロ画像は1986.11撮影(だと思う)

koto1073_8611xx.jpg
別角度から琴電1073号を撮る。因みに冷房機はCU71

koto1074_8611xx.jpg
そして琴電1074号

それから25年の時を隔て、同じ所で同様な光景が繰り広げられ、引退した旧1000形が高松で同僚に引導を渡す結果になりました。ブログ主はいずれにも立ち会う事になり心境は誠に複雑でした。

koto1305_1306_110819.jpg
大黒ふ頭で船積みを待つ琴電1300形の1305と1306号 2011.8.19撮影
関連記事
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: https://chiquichan.blog.fc2.com/tb.php/1126-55141547
Template by :FRAZ