back to TOP

admin |  RSS
すごく断片的なネタですが、京急の旧1000形のなかで、1963年の東急車輌製先頭車である1143、1148、(1079→)1201、(1080→)1206号にだけ見られる特徴に前面表示幕窓周りの形態があったのは、ちょっと古い京急ファンの方なら皆様がご存知の事かと思います。撮影は既に同年代の車両が冷房化されていた1986年頃で、カラー写真が当たり前の時代でしたが、ブログ主はこの頃もちょっと訳があって白黒でした。

その特徴は次の画像に示すように、窓のコーナー部分の外板処理が異なる事でした。旧1000形の様に丸妻様の部分に平面のガラスを入れれば当然連続的に距離が変化する段差が出来る事になるので、目立たない様に外板が工作されていました。しかし、東急車輌製は角Rの周辺の段差が横に直線的に延びていて、これがちょっと目立たないとは言えない造作でした。

1143or1201_86xxxx.jpg
旧1000形の1143、1148、1201、1206号の4両だけは窓の角R部分の処理が異なり、段差は一直線になっていた

1xxx_86xxxx.jpg
参考までに標準的形態の旧1000形他車。四隅のR部分もガラスと均等な距離になる様丁寧に造形されていた

思えば1960年頃の東急車輌製の車両で、同じ様に丸妻の車体に平面の前面ガラスを嵌めた例に、東急の6000形や伊豆急の100形等がありましたが、いずれも横一な形態でした。京急旧1000形の1963年製は前面の表示幕が前面窓から独立した最初のロットになりますが、東急車輌は自社の前例に倣った“東急車輌スタイル”にしたのでしょうね。

その“東急車輌スタイル”の車両達は窓の上下の段差のおかげで、何となく困ってしまったような愛嬌のある表情になっているのが可愛かったです。

iz101_030322.jpg
本題の旧1000形より少し前に登場した伊豆急100形。窓の上下の段差の処理が酷似している。ある趣味団体の見学会の折東急車両内の許可された範囲内にて 2003.3.22撮影
関連記事
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

まさに!

実は、私も同じようなことを考えていました。確かに昭和30年代に製造された編成は、このタイプの顔が主流でしたね。幼少の頃、伊豆高原に旅行に行った時、伊豆急100系を見てこれは京急1000形に近いデザイン!と、惚れ込んでいたときもありました(笑)貫通幌をつなぐスタイル、今ではありませんが、極端な話、このスタイルがなければ新1000形1800番台が存在しなかったと考えています・・・総合車両製作所製造ですので。

2018/05/01(Tue) |URL|ハリー・センボーン [edit]

Re: まさに!

ハリー・センボーン 様

いつもコメント頂き誠に有難うございます。ご返事が大変に遅くなり誠に申し訳ございませんでした。

> 実は、私も同じようなことを考えていました。確かに昭和30年代に製造された編成は、このタイプの顔が主流でしたね。幼少の頃、伊豆高原に旅行に行った時、伊豆急100系を見てこれは京急1000形に近いデザイン!と、惚れ込んでいたときもありました(笑)貫通幌をつなぐスタイル、今ではありませんが、極端な話、このスタイルがなければ新1000形1800番台が存在しなかったと考えています・・・総合車両製作所製造ですので。

旧1000形は所謂一号線規格で、前面に貫通路として使用できる扉(非常口)が必要になり、都や京成と同様、当時としては常識的な前面形状になったと私は理解していますが、旧1000形貫通路の最大の特徴は、乗務員室車掌側の仕切りがレール方向に移動する可動仕切りだったことだろうと思います。貫通構造の乗務員室は今の1000形の“1800”をご覧になってお分かりになるかと思いますが、運転機器等を閉鎖する為仕切りがあって窮屈になり勝ちなのですが、旧1000形は仕切りが移動することによって乗務員室を広々と使う事ができる優れた設計でした。尚、旧1000形の前面の貫通構造は、押しなべて一日の長がある関西風、そして設計はより長い歴史がある川崎車輌(川崎重工)の意向がより強く影響したものではと思っています。

今後とも弊ブログを宜しくお願い致します。

2018/05/05(Sat) |URL|chiquichan [edit]

懐かしさにあこがれて、高松へ・・・・

はじめまして。

僕は3週間前の土曜日の未明、ことでんの撮り鉄に行きたくて神戸三宮フェリーターミナルから1:00出港のジャンボフェリー(旧:加藤汽船)で高松に行ってきました。朝5:15分に高松東港に接岸して、自転車で約15分ぐらいで高松築港駅に着き、さっそく長尾線の1300系に乗ってみました。昔、横浜に住んでいたころから京急を利用していたこともあってか、ドアの開閉音と走行音が思わず郷愁に駆られてしまいました。昭和30年代の京急車が琴平線(高松築港―琴電琴平)で活躍しており、京急ラッピング車を仏生山で待ち伏せして乗った後、折り返しの滝宮で台車などもとりまくったのが旅行の思い出ですね。まさにことでんは四国屈指の動く鉄道博物館です。

名物の讃岐うどんを食べながら撮り鉄するのも楽しい場所です。是非、香川へ訪れてみてはいかがでしょうか。

長文失礼いたしました

2018/06/23(Sat) |URL|R171の撮り鉄野郎 [edit]

Re: 懐かしさにあこがれて、高松へ・・・・

R171の撮り鉄野郎 様

弊ブログへようこそお越し下さいました。また、コメントを頂き誠に有難うございます。

> はじめまして。
>
> 僕は3週間前の土曜日の未明、ことでんの撮り鉄に行きたくて神戸三宮フェリーターミナルから1:00出港のジャンボフェリー(旧:加藤汽船)で高松に行ってきました。朝5:15分に高松東港に接岸して、自転車で約15分ぐらいで高松築港駅に着き、さっそく長尾線の1300系に乗ってみました。昔、横浜に住んでいたころから京急を利用していたこともあってか、ドアの開閉音と走行音が思わず郷愁に駆られてしまいました。昭和30年代の京急車が琴平線(高松築港―琴電琴平)で活躍しており、京急ラッピング車を仏生山で待ち伏せして乗った後、折り返しの滝宮で台車などもとりまくったのが旅行の思い出ですね。まさにことでんは四国屈指の動く鉄道博物館です。
>
> 名物の讃岐うどんを食べながら撮り鉄するのも楽しい場所です。是非、香川へ訪れてみてはいかがでしょうか。
>
> 長文失礼いたしました


始めに謝罪から入ってしまいます。誠に申し訳ございませんが、琴電ネタより冒頭の「加藤汽船」により激しく反応してしまいました。

数十年前、加藤汽船の船賃の安さだけに囚われて思わず利用したことがありましたが、安かろう悪かろうを通り越した“難民船”に度肝を抜かれたました。船室の狭さとそれに押し込まれる定員の多さ、部屋にすら入れず通路、果ては階段にまで毛布に包まる人人人。“一等船室”の「ジャパ行きさん」のホットパンツなピリピーナに誘惑されたり。瀬戸内海なのに何故か大シケでどんぶらこっこと一夜を過ごす現実離れした体験には、琴電の事など完全に吹っ飛ばされた記憶があります。

ジャンボフェリーとなって航路は今も残るとのことですが、流石に21世紀の御代にもうそんなことは有り得ないでしょうね。

今後とも弊ブログを宜しくお願い致します。

2018/06/23(Sat) |URL|chiquichan [edit]
Trackback
トラックバックURL: https://chiquichan.blog.fc2.com/tb.php/1137-3e88c7c2
Template by :FRAZ