back to TOP

admin |  RSS
日本の民としては残念な話題になろうかと思います。

弊ブログ『ブエノス地下鉄 Nagoya 元名古屋地下鉄「きいでん」退役が決定』でお伝えしました車両代替の動きが具体化し、暫く前からA線で使用されているCNR車(中国北車)1編成をC線に移して試運転が行われていましたが、9月13日(現地時間)より営業運転を開始たとのことです。ソースは下記リンクになりますが、それによると2019年中に4編成、2020年に5編成のCNRを投入するとのことです。

Comenzó a circular el primer tren CNR en la línea C - enelSubte.com

元名古屋市営地下鉄の「きいでん」は、現地では兼ねてより車内座席下に搭載されている蓄電池から発生する水素ガスが車内に充満し、最悪の場合爆発する危険があることが問題視されていました。加えて最近はアスベスト問題がクローズアップされ、それを使用している「きいでん」の退役が促進される結果となっています。
尚、同じく名古屋市営地下鉄から譲渡された5000形の方はそういった問題は無いという事でまだ活躍が続くものと思います。

nagoya1213_060622.jpg
【イメージ画像:本文とは関係ありません】 外注整備を終えトレーラーで搬入され線路上へと戻される寸前のNagoya1213号 Taller Polvolin (ポルボリン工場) にて 2006.6.22(現地時間)撮影
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: https://chiquichan.blog.fc2.com/tb.php/1309-cf7938fc
Template by :FRAZ