back to TOP

admin |  RSS
昨日11月18日、京急の現羽田空港国内線ターミナル駅は開業20周年の節目を迎えましたが、新駅延長開業となるとその日にダイヤ改正も行われていた訳で、昨日弊ブログにアップした記念装飾の600形と同じ日に撮影したこんな画像もありました。また、フォトレコでの簡易スキャンなので画質が悪く、しかもネガがカールしていると送りが滑って画像が伸び縮みして歪んでしまいます。酷い画像で恐縮ですがご高覧下さい。

2100形が品川を出発し泉岳寺へと向かう今となっては何のことは無い光景ですが、確かこの日が定期の営業で泉岳寺往復した最初の日ではなかったかと思います。勿論事前に入線試験が行われていますので、厳密には泉岳寺へ入線した最初の日ではありません。
よく見れば2100形の車号表記が現在とは異なり、尾灯と急行灯の位置も今とは内外が逆になっています。時代と共に色々変わっているものですね。

2125_717C_981118.jpg
泉岳寺へと向かう2100形2125~編成。“現新品川”に居るのは600形 品川にて 1998.11.18撮影

関連記事
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

お久しぶりです。

よく見てみると種別は普通なんですね。現在こそ種別変更なしで快特泉岳寺行表示ですが当時は品川方面泉岳寺行の表示がなかったからでしょうかね。しかも列車番号も17Aではなく17Cなんですね。

2018/11/20(Tue) |URL|BOEING737MAX-8 [edit]

17C

BOEING737MAX-8 様

こちらかにもお久しぶりです。コメント頂き誠に有難うございます。

> お久しぶりです。
>
> よく見てみると種別は普通なんですね。現在こそ種別変更なしで快特泉岳寺行表示ですが当時は品川方面泉岳寺行の表示がなかったからでしょうかね。しかも列車番号も17Aではなく17Cなんですね。

現代の感覚でこの画像を見るとA特に思えてしまいますが、この画像は朝ラッシュのだいたい717Bに近い時間に走っていた717Cという特急列車で、「普通」の種別表示は、品川で「普通」に変えて都営線に引き継ぐのがお約束だったH特と同じ取扱いをしたからだと思います。
思い返せば1994年から2000年まで新造車は全てクロスシート車で、淘汰されるのが旧1000形や700形の“輸送戦力”ばかりだったので、2100形もラッシュ時間帯に使わざるを得なくなりこんな運用が見られる様になったのですね。

今後とも弊ブログを宜しくお願い致します。

2018/11/20(Tue) |URL|chiquichan [edit]
Trackback
トラックバックURL: https://chiquichan.blog.fc2.com/tb.php/1375-e296670a
Template by :FRAZ