back to TOP

admin |  RSS
5月21日の夕方発生した六郷土手の人身事故で、品川寄り先頭車の前面ガラス、乗務員室仕切りガラス、山側標識灯等を破損した京急1000形1105~編成は、事故後神奈川新町迄回送され、一旦入庫したものの直ぐに再出庫し、金沢文庫迄回送されて金沢検車区に収容されていました。

22日は金沢検車区で、1112号の不点となった標識灯の修理、曲損したワイパーの取外し、特殊清掃!? 等の応急処置を受け、夜になって回2248列車で久里工へと回送されました。車上情報管理装置に不具合が有るらしく、側面の表示は「快特・品川」両先頭車前面は無表示での回送となりました。

1112_kai2248_200522.jpg
金沢文庫より久里工へと回送される六郷土手人身事故当該の1105~編成。前後は無表示

1112_damage_1_200522.jpg
ビニールシートで養生された1112号の前面ガラス。運転台側の乗務員室仕切りガラスは遮光幕が下ろされ緑色の養生テープも見える

1112_damage_3_200522.jpg
ワイパーとウインドウォッシャーノズルを破損。「1000」の数字付近の構体にも凹みが見られる

1112_damage_2_200522.jpg
手振れご容赦を。割れて養生された車掌台側の乗務員室仕切りガラス

1112_damage_4_200522.jpg
室内灯が消された暗闇の中で撮影しているので画質が悪く済みません。外されて車内に置かれたメーターパネル覆い 5枚共 金沢文庫にて 2020.5.22撮影
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

事故該当運用には

小生は六郷土手駅近くに住んでいるので、人身事故のことは驚きました。調べてみますとこの日、人身事故に該当する行路は事故後、1719編成を経てSiC車の1209編成が入り、この1209編成がそのまま印旛日本医大まで行き、そこで折り返して西馬込まで運用されたそうです(馬込車両基地で滞泊)。京急の人身事故といえばその瞬間がYoutubeにあり、横浜駅で2100形に人が飛び込み、ガラスが割れるという動画です。

SiC車と1600番台のコンセントですが、あれは携帯やスマホなどの充電とかのための、新幹線N700系などにあるようなお客様用のものです。

2020/05/27(Wed) |URL|弱井ムサシ [edit]

Re: 事故該当運用には

弱井ムサシ 様

コメントを頂き誠に有難うございます。

> 小生は六郷土手駅近くに住んでいるので、人身事故のことは驚きました。調べてみますとこの日、人身事故に該当する行路は事故後、1719編成を経てSiC車の1209編成が入り、この1209編成がそのまま印旛日本医大まで行き、そこで折り返して西馬込まで運用されたそうです(馬込車両基地で滞泊)。

乗入れ開始後から今の状況を見る限り、SiC車は通常使用車に不足を生じたとき最低限の本数が乗入れるだけの様ですね。まだまだ予備っぽい運用ですが、矢張り本格的な乗入れ運用に入る為には金検から他への転属が必須で、いつそういった動きが見られるのか興味深いです。

> SiC車と1600番台のコンセントですが、あれは携帯やスマホなどの充電とかのための、新幹線N700系などにあるようなお客様用のものです。

それは分かっていますが、京急レベルの設置では営業戦略上の話題づくりでしかありませんね。ブログ主は、多くの乗客には必要とされない装置だと思っています。よって余談あるのみでした。

今後とも弊ブログを宜しくお願い致します。

2020/05/28(Thu) |URL|chiquichan [edit]
Trackback
トラックバックURL: https://chiquichan.blog.fc2.com/tb.php/1890-bc6b3cb7
Template by :FRAZ