back to TOP

admin |  RSS
ブログ主は昼間は撮れずに終わりましたが、夜は間に合いました。

11月29日、車体更新が行われた京急1000形1033~編成は、日中に続き夜間にも試運転が行われました。

1033_KC2199_211129.jpg
夜間の試運転が行われた1000形1033~編成 京急新子安にて

1040_KC2298_211129.jpg
生麦で特急を待避中

1040_KC2399_211129.jpg
神奈川新町で出発待ち

1033_KC2398_211129.jpg
下り鶴見市場では制動試験で一旦停止

1次車より側窓が上に20mm拡大されている2次車の車体更新でも、一部の側窓が開閉出来る様改造されていますが、使用されているサッシの寸法は1次車と共通の様で、窓の上方に黒い縁が見えています。
また、2次車以降のアルミ車の側窓は 合わせ ペアガラスの2枚共が既製品の中で最も透過率の低いスモークガラスになっていて大変に濃い感じがしますが、 合わせ ペアガラスでない開閉窓は1枚分の濃さにしかならず、両者の透過率に差が出来ている様に思えます。

1039_1040_window_211129.jpg
開閉式に改造された一部の側窓は、天地寸法が小さくなり上方に黒い縁が残る

1039_window_211129.jpg
スモークガラスの濃さも開閉窓の方が薄い様に見える 6枚共 2021.11.29撮影
2021.11.30 本文記述を修正しました。
関連記事
スポンサーサイト



Template by :FRAZ