back to TOP

admin |  RSS
鉄道模型の記事をもう一本。マニ74の加工で勢いづいたのか、兼ねてから壊れてしまい気になっていたカツミのN電も修理することにしました。

この模型は1980年前後だったかに発売され、趣のある美しい塗装、座席や吊り革などのインテリアも充実した当時としては画期的とも言えそうな意欲作でした。それが見せたいのか、この模型はモニタールーフの屋根が外せるようになっていて上から車内を覗けるのですが、ある日突然!! 屋根が外れて固定出来なくなってしまいました。走らせればカーブで屋根を振り落とすことになるので以来ずっと置物になったままでした。

Nden_01_160503.jpg
屋根が固定できなくなり飾り棚に置きっ放しだったカツミのN電。古い模型だがインテリアが充実している。屋根裏の留め金は半田付けが良くなく銀色っぽい線の所だけしか付いていなかった

これは屋根の裏にある留め金の半田付けが外れてしまっているのがいけないのですが、ここの半田付けが見事な天ぷらで縁が僅かに付いているだけだったのですね。半田付けをやり直すことになりますが、塗装された部材ですから表面の塗装を焦がさないように気をつけないといけません。というわけでコテ先を良く手入れして強熱で短時間に半田付けを済ませるように頑張り、付け終えたら即座に水を潜らせて完了です。見栄えは悪いですが腕も悪いので仕方ありません。でも今度はしっかりついてます。

Nden_02_160503.jpg
半田付けをやり直し。見た目は良くないが今度は面で付いている

この模型はもう一点直さなければならない所があります。それはヘッドライトの球切れです。4輪単車はどうしても集電が安定しないのでついつい電圧を上げ気味にして、勢いで停まらない様に乗り切る走り方になり勝ちです。そうするとライト類には宜しくなく、この模型も例に漏れずヘッドライトは早くから点かなくなってしまい、どうせ直しても直ぐに切れるからと放置したままでした。今日は折角触ったので、こちらもLEDに置き換えて修理することにしました。集電の良くない車両はLEDを用いると、後のライトが忙しなく点滅するという問題もあるのですが切れてしまうよりはマシです。

Nden_03_160503.jpg
ヘッドライトの麦球を取り出すにはデッキの手摺を下に抜きライトケースの蓋を外す必要がある。ダッシュボードはなんと爪をおひねりして固定。ブリキのおもちゃを見ているよう・・・

Nden_04_160503.jpg
外した麦球はフィラメントが蒸発して真っ黒。ダイオードは大柄で古風な製品

構造を見ると床板に当たる部分はプリント基板になっていて、そこにダイオードが載りライトのリード線も基板に繋がります。LED化はこのダイオードを抵抗器に、麦球をLEDに置き換えれば良く基板は加工せずとも済みます。ただしライトケースは奥行きがなく砲弾型のLEDはレンズを前に向けて入れることは不可能です。従ってチップLEDを用いることになりますが手持ちがありませんので止む無くテープLEDから基板ごと切り出すことにしました。チップLEDは特に半田付けの熱で壊れやすいので基板から外すことはしません。

Nden_05_160503.jpg
勿体無いがテープLEDからチップLEDを基板ごと切り出す


切り出した基板付のLEDは目玉クリップでくわえて放熱しながらリード線を半田付けします。今回使ったLEDは白色なのでクリヤーオレンジを塗って電球色っぽく化かしてあります。このオレンジの塗膜の厚みで光色がかなり変化します。塗料の食いつきは良くないので色味に納得いかない場合は剥がして塗り直せます。

Nden_06_160503.jpg
リード線を付けクリヤーオレンジを塗ったチップLED。このオレンジは濃すぎたのでこのあと薄く塗り直している

出来上がったLEDをライトケースに収めてLEDの極性に注意しながら配線を終えれば作業は完了です。

Nden_07_160503.jpg
ダイオードの位置には抵抗器を取付ける。LEDのリード線は余り物を使用したものの太過ぎて配線し辛かった。失敗失敗・・・。リード線は赤がアノードで黒がカソード。蛇足ながら動力はエンドウのトラクションモーターで耐久性に優れる。今でも注油程度のメンテで快調に走る

ずっとお飾りでかなり汚れっぽくなっていました。車体の各部を掃除して修理はお仕舞い。ポツポツと塗装が剥がれているところがありますがそっとしておきます。ここまでやったのだから室内灯を入れても良いのではと思ったのですが、それには難題があってあっさり断念しました。デッキの明りはどうするのさ・・・・って・・・・。

Nden_08_160503.jpg
埃を払い、そっと水拭き。結構キレイになった!! 8枚共 2016.5.3撮影
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: https://chiquichan.blog.fc2.com/tb.php/577-0add630f
Template by :FRAZ