back to TOP

admin |  RSS
8月始めには異変を察知したものの、自分自身も地域のお祭りの手伝いなどで時間が思う様に割けず、また4両固定編成は捕獲が難しく、チェックはとうとう今日まで掛かってしまいました。

弊ブログ「京急1000形 1449~編成はLED室内灯の見本市」でご紹介しました1449~編成の室内灯のうち、蛍光灯のまま残っていた1451号の全灯が新たなタイプの直管蛍光灯型LEDに交換されました。今度の製品は、京急のLED室内灯としては初めての三菱電機製です。
尚、LEDと蛍光灯が半々の1号車をはじめ他の号車には変化がなく、4両固定編成のうちLEDが3.5両分、蛍光灯が0.5両分という内訳になりました。

1451_LEDRL_160816.jpg
新たな直管蛍光灯型LED室内灯に交換された1449~編成の1451号。車端部のものを車号と一緒に

1451_MitsubishiLED_160816.jpg
新製品は三菱電機製で端部にはそれをアピールするかのようなステッカーが貼られている。ソケットカバーは寸胴でカチッとした造形。灯具は僅かに凹面を形成する。管球にはこれといった表示が見当たらず、光色は前後の号車と比較して目立った差を感じとることは出来ない 2枚共 2016.8.16撮影
関連記事
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: https://chiquichan.blog.fc2.com/tb.php/673-b576c765
Template by :FRAZ